【初心者向け】ビットコインとは何か?

ビットコインとは何か?

ビットコインとは電子マネーの一種で、物理的には存在せず、システム上で生産されます。発行主体・管理団体がせず、どの組織・どの国にもコントロールされません。ドルや円のように国などが紙幣や通貨を発行するのとは違い、世界中のコンピュータが数学的な演算をすることにより、ビットコインは生成されます。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨と呼ばれるような電子マネー形態の元祖といえます。

 

普通の通貨とどこが違うのか

ビットコインは普通の電子マネーのように、それを使って物を買ったり、サービスを受けたりすることができます。そういう意味では、円やドルとなんら変わりはありません。

しかし、もっとも重要な点は、ビットコインを管理・支配する特定の団体がないということです。ビットコインは世界中のコンピュータにより分散管理されており、これにより、特定の国や銀行などの操作を受けることなく、完全に独立した貨幣として使えるのです。政府による紙幣の乱発でインフレに巻き込まれる・政情不安での為替の乱高下などの影響も受けません。

 

誰が作ったのか

ビットコインのシステムを作ったのは「サトシ・ナカモト」と名乗る人物で、実は正体は明らかになっていません。日本人風の名前を名乗っていますが日本人・日系人かどうかもわからず、現在まで正体は謎のままです。過去に何度か正体を暴く騒動がありましたが、残念ながらいずれも別人だったようです。

だからといってビットコインが怪しいものというわけではなく、プログラムの仕組みは公開されており、今では多くのエンジニアによりプログラムのメンテナンス・修正が行われています。

 

どうやって生産されるのか

普通の通貨であれば、現代社会では国や国立銀行が発行主体となり紙幣・硬貨が発行され、流通します。しかしビットコインはそれとは全く異なります。ビットコインは、誰でも参加できる世界中の通貨ネットワークにより、電子的に決まったルール・発行量にもとづいて生成されます。

具体的な仕組みは別項で述べますが、ざっくりいってしまえばコンピュータでビットコインの取引を計算し、その計算の報酬として一定の額のビットコインが生成されます。これを禁などの採掘になぞらえて「マイニング」と言います。

 

ビットコインは無限に生まれ続けるの?

いいえ、ビットコインには発行総数として2100万ビットコインが上限と定められています。そしてこれは2140年までにすべてのビットコインの発行が終わる、ということまで決まっています。その後はコンピュータネットワークでの処理をしてもビットコインを報酬でもらうことはできなくなりますが、計算した取引についての手数料がもらえるため、ビットコインネットワークが機能しなくなることはありません。

 

ビットコインが通貨として使える根拠は?

現代における通貨の基本は「信用」です。かつては金や銀などのそれ自体が価値のある者がそのまま貨幣として使用され、さらに時代が下り紙幣が生まれ、たとえば1円札であれば、銀行や国が、その1円札を持ち込めば1円分の価値の金や銀と交換してくれる、とか、その紙幣で税金を収められるなどの「信用」により紙幣が価値を持っていました。

現代ではその「兌換制度」も廃止され、現代の紙幣は「1万円札は1万円として使えることを国が保証する」という価値をみんなが認めることにより、価値が成り立っています。

そしてビットコインや仮想通貨は、その透明性や利便性から、近年、同じように世界中の人々ががその価値を認め、取引が行われることにより、「信用」され、その価値が認められてきています。

国などの管理主体がないこともデメリットのように見えますが、国の政治や経済制裁に影響されず、世界的に不変なものして存在するということは逆に価値にもなりえます。

 

ビットコインの特徴

ビットコインは一般的な通貨と違い、様々な特徴があります。

 

分散管理

ビットコインネットワークは特定の中央機関によって管理されておらず、誰でも参加できるビットコインを処理するためのネットワークにより、予め決められたプログラムに基づき運用されます。何らかの理由によりネットワークの一部が停止しても、問題なくビットコインネットワークは機能し続けます。

 

取引の利便性

従来の通貨であれば、紙幣や硬貨はともかく、銀行間の取引やクレジットカードによる送金、ましてや国をまたぐような取引というのは手間・手数料ともに大変なものです。しかしビットコインであれば、自分のビットコインアドレスと、インターネットに繋がる環境があれば、
世界中どこにいても一瞬で手軽に取引が可能です。

 

匿名性

取引を完全に匿名で行うことができます。ユーザーはビットコインアドレスを複数持つことができ、アドレスの作成に個人情報などは一切必要ありません。

 

取引の透明性

ビットコインはブロックチェーンと呼ばれる仕組みで、最初の発行時以来ネットワーク上で起こったすべての取引の記録を保存しており、誰でもそれを閲覧することができます。もしあなたがビットコインアドレスを公にしていれば、その中にどれだけのコインが入っているかさえも見ることもできます。

ただし、3.の匿名性にも書いたように、お金の流れは透明であっても、送金元・送金先アドレスの所有者自体は匿名です。

 

取引手数料の安さ

例えば銀行振込であれば数百円の手数料が取られるでしょうし、国際送金であれば手数料は数千円かかることもよくあることです。しかしビットコインは一回の取引の手数料が数十円~数百円(2017年現在のビットコイン価値による)と、格安ですみます。

 

取引の不可逆性

ブロックチェーンに記録された取引は巻き戻すことはできません。つまり、ビットコインがある口座からある口座に送信された場合、受信者が返さない限りそれを戻すことはできませんし、取引を途中で差し止めることもできません。これはビットコインシステムが分散化され、中央機関によって管理されていないためです。