【仮想通貨名鑑】VeChain(VEN)ブロックチェーンを活用したIoTソリューション

VeChain(VEN)データ

※チャートは2018年1月4日のもの

公式サイト https://www.vechain.com/
公式Twitter https://twitter.com/vechainofficial
シンボル VEN
発行総数 867,162,633 VEN
取扱取引所 Binance
HitBTC

※2018年1月現在、Binanceは新規アカウント登録を一時停止しています

 

VeChain(VEN)ブロックチェーンを活用したIoTソリューション

VeChainは、世界中のIoTとそのビッグデータの活用を効率的に行うためにブロックチェーンを使用した、最先端のソリューションです。

 

VeChainの特徴

VeChainは、ブロックチェーンにより分散化されたシステム上で自律的に動くテクノロジーを用いて、ToTやビッグデータ活用を高信頼性で活用するためのエコシステムを構築します。

 

・世界的に見ても初期のブロックチェーンテクノロジー企業の一つで、トップクラスのブロックチェーンチームを持ちます。VeChainは、透明な情報フロー、効率的なコラボレーション、および高速な価値移転を可能にする信頼性の高い分散型のビジネスエコシステムを構築するよう努めています。

・ブランド品、酒類取扱業者、農業ビジネスなどの現場で、ブロックチェーンを用いたシステムを導入した実績を持ちます

・フランス、シンガポール、香港など世界各地に拠点をおいているため、グローバル規模でブロックチェーン導入プロジェクトを推進できます。

 

VeChainシステムの活用例

ブランド品、酒類

ブランド品や高級酒類に電子ICOタグを付け、そのデータをブロックチェーン上で管理します。これによりその商品の製造過程などをたどることができ、偽ブランド品を撲滅することが可能です。

 

農業

中国の農業産業は、限られた生産規模、生産品質、製品安全性不足、労働生産性の低下、環境への汚染を引き起こす肥料や農薬の不適切な使用などの一連の課題に直面しています。これは、1つの技術または政府機関の法執行機関で解決できる問題ではありません。このボトルネックを突破するための革新的なソリューションを見つけることが不可欠です。

VeChainは、緑色の有機農業認証のためのブロックチェーン対応クラウドサービスのソリューションを提供します。このソリューションは、IoTデバイスおよびモバイルデバイスを介して、生産プロセス全体にデータをアップロードし、これらのデータは暗号化され、不変であり、適切な承認を得て関係者によって容易にアクセスできます。蓄積された安全なビッグデータは、農業企業が作付け方法を強化し、作物の量と質を改善し、製品マージンを増やすのを助けることができる。さらに、環境への肥料や農薬の負の影響を最小限に抑えることができます。

 

小売業

小売業は「体験」経済の時代に入ったといわれます。体験経済では、人々の消費コンセプトは大きく変化しています。

製品そのものだけではなく、製品やサービスを選定し、購入し、受け取るまでの過程を楽しむ一連のイベントになっているのです。この消費者からのニーズの高まりに伴い、将来の小売業の動向として、組織は革新的なビジネスモデルを見つけ出し、消費者とのコミュニケーションや交流を強化し、製品やサービスを向上させる必要があります。

VeChainは、各製品に一意のIDを割り当て、その製品の来歴をストーリー化することができます。消費者は、そのブランド品がどのようにして自分のところまで届いたかをアプリで一瞬にして把握することができます。そして、ブランドは最終消費者から実際のフィードバックを受け取ることができ、消費者はより良い体験を得ることができます。

 

まとめ

IoTシステムは近年の流行りですが、導入デバイスのハッキングや、収集データの正確性などがつきまとう問題となってきています。そしてこれは改ざんできず、ハッキングにも強いブロックチェーンととても相性が良いのです。

この通貨に先行するものとしてIOTAなどがありますが、それに比べればまだまだ過小評価されていると言ってもいいでしょう。アジアを主要拠点としているサービスで、トークンの上場も中国を中心にしているために、注目をうまく集めることができれば飛躍できるでしょう(もちろん記事執筆時でもすでにかなりの伸びを見せ、時価総額38位と大健闘していますが)。

若干の問題点としてはこのソリューションにおいてVENトークンが、決済に使うという以外の意味を持っていないという点です。これをエコシステムにどううまく活用するかで今後VETトークンの発展性が左右されることは間違いありません。

 

※プロジェクト・ICOなどへの参加や、投資をされる際には、ご自身により利用規約・プロジェクト内容の確認を十分に行ってください。当サイトは公式サイト及び海外情報サイトで入手した情報を掲載しているのみであり、情報の正確性などについては保証致しません。投資を行い損失などが生じた場合、当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任となりますのでご了承ください。正確な情報は各通貨・プロジェクト公式サイトでお求めください。