【ICO】TrueGame(TGAME)期待のスマートコントラクト・カジノサイト

ICObench Coinschedule ICOrating
4.8
Gold

TrueGame(TGAME)期待のスマートコントラクト・カジノサイト

→True Game 公式サイト

→True Game 公式Twitter

 

TrueGame(TGAME)とは

Truegameは、2017年にローンチされた、スマートコントラクトベースのiGamingプラットフォームです。コミュニティとフォーカスグループからは非常に肯定的なフィードバックを受け、ICOのプライベートランドは24時間で締め切られました。

TrueGameは最初のスマートコントラクト・カジノではありませんが、ユニークでスケーラブルなアーキテクチャと、巨大な成長可能性を備えた幅広いゲームを提供するブロックチェーンベースのカジノプラットフォームを備えた素晴らしいサービスです。

私たちはプロジェクトに先行して大々的な宣伝を打ち、ICOを行うということをしませんでした。かわりに、βプラットフォームを提供し、ユーザーからのフィードバックを得ました。

稼働しているプラットフォームという実績があり、スケールアウトと市場拡大の準備が整いました。Trugameのチームは、ユーザー獲得、電子メールマーケティング、iGamingのプロモーションにおける長年の経験を持つ、優れた開発者、法務、営業、マーケティングの専門家で構成されています。過去に成功したICOをリードしてきた著名なICO専門家も協力しています。開発スタートから1年、皆様にTruegameを提供する準備が整いました。

 

→True Game 公式サイト

 

TrueGame(TGAME)サービスの評価

完全に動作するプラットフォームがすでに存在

私たちは2017年にこのプロジェクトを開始し、プロフェッショナルコミュニティおよびフォーカスグループからの肯定的なフィードバックを受け、製品を改善し、プレイヤーを引き付け、ギャンブルライセンスを管理し、より多くのユーザーをプラットフォームに誘導するための効率的なマーケティング戦略を準備しました。市場の拡大と拡大縮小の準備が整いました。

 

ブロックチェーンとの相性

多くのオンラインとは異なり、私たちのインフラストラクチャはブロックチェーンの技術に基づいています。ブロックチェインが実用的な領域は実はそれほど多くありません。ブロックチェーンと相性のいい分野の1つはiGamingであり、ブロックチェーン技術は多くの問題を解決して市場を劇的に変えるのに役立ちます。

 

強力な専門家チーム

私たちは、ゲーム開発やオンラインマーケティングにおいて優れた能力を持つ経験豊富な専門家チームを擁しています。チームには、ギャンブル、ブロックチェーン、iGaming業界の有名な専門家が含まれています。また、ICOに豊富な経験を持つ専門家がいます。

 

→True Game 公式サイト

 

TrueGame(TGAME)サービスの特徴

現在、数百人のユーザーがすでに稼働している当社プラットフォーム上のスマートコントラクト・カジノゲームをプレイしています。

ブロックチェーン技術に基づいたスクラッチくじ、やロトなど、まずは人気のある宝くじだけを開始しました。近い将来これに、サイコロ、ルーレット、スロットゲームなどのゲームを加える予定です。ほとんどのカジノとは異なり、Truegameのゲームコンテンツは、私たちのチームによって開発された独自のものです。柔軟で思慮深い設計により、毎月新しいゲームを追加し、独立したサービスをプラットフォームに接続して成長させることができます。

 

絶対的な透明性

絶対的な透明性と独立性は、当社のソリューションとブロックチェーン技術の基礎です。各ゲームの結果はブロックチェーンオープンレジストリで検証可能であり、操作することはできません。

 

各プレーヤーに公正なチャンス

ゲームは、ブロックチェーンから受け取った完全にランダムな組み合わせに基づいています。これらは安全で操作できません。あなたの賞金は運勢と数学的確率にのみ依存しています。

 

賞金の公正な分配

賞金は、厳密にゲームのルールに従って、カジノマネージャーではなく、ブロックチェーンネットワークのスマートコントラクトによって配布されます。

 

→True Game 公式サイト

 

市場分析

オンラインギャンブル市場

世界のオンラインギャンブル市場は2016年に441.6億米ドルで、2022年には81.71億米ドルに達すると予測され、年平均成長率(CAGR)は10.8%です。

また、世界のモバイルギャンブル市場は、2017-2021年の間に18.84%のCAGRで急速に成長すると予測されています(ホワイトペーパー参照)。この市場は最も収益性の高いオンラインビジネスの1つと考えられています。

 

現在の市場の問題

重要な問題は、カジノのプロセスの不透明さと、結果として、プレーヤーがカジノの運営に不信感を与えることです。プレーヤーは、ゲームが正しく抽選されているかをチェックすることはできず、運営を完全に信じることができないでいます。

もう一つはカジノの支払能力です。ユーザーは、カジノの管理者が支払いのための資金を持っているかどうか、ジャックポットが当たったときに本当に支払いをしてくれるかどうかがわかりません。

 

TrueGameはこれらの問題を解決する

ブロッキングとスマートな契約の革新的な技術を通じて、私たちはカジノに対するプレーヤーの信頼の問題を解決しました。私たちのゲームアルゴリズムと乱数生成はオープンソースで、そのコードはGitHubで確認できます。ゲームと賞金の分配はブロックチェーンの独立した環境で行われ、運営がこのプロセスに干渉することはありません。プレイヤーは、オープンで独立したレジストリですべてのゲームの進行状況と結果を確認できます。

TrueGameは完全な透明性を提供します。すべての資金は、ゲームオーガナイザの参加なしで自動的に賞金を払うというスマートコントラクトに含まれています。誰でもJackpotの確率と賞金額を確認できます。

 

→True Game 公式サイト

 

ICO情報(2018年2月23日現在)

ICO期間:2018-03-05 – 2018-03-18

レート:1 ETH = 9,250 TGAME+ボーナス

受け入れ通貨:BTC,ETH,LTC

ティッカー:TGAME

発行総数:300,000,000

販売数:210,000,000(70%)

ソフトキャップ:$2,000,000

ハードキャップ:$9,000,000

資金用途↓

 

ICO時点でのPちゃんの感想

久しぶりのICO記事になります。今回紹介するのはオンライン宝くじやカジノなどを扱うブロックチェーンベースのサービス、「TrueGame」のICOです。

このようなICOは最近だと「FireLotto」を紹介しましたのは記憶に新しいですね。

【ICO】FireLotto(FLOT)世界規模の宝くじをブロックチェーンで実現!

ただこのFLOTなんかでも評価の中でイマイチとした内容として、構想はいいんだけどプロダクトがまだまだ追いついていなくて、とてもシンプルで初期のブラウザゲームみたいだということ。その分伸びしろもあるとは思いましたが、やはりどういうふうにプロダクトが進むかというのは不安でもありました。

ところが今回のTrueGameは、すでに形だけではなく、ある程度作り込まれたゲームがすでに存在しています。2017年にいきなりICOをするのではなく、ちゃんとある程度形になってからICOを始めたというのが姿勢としてはとても良いと思います。

で、公式サイトから、プレオープンしているゲームのサイトにも飛べるのですが…実際見てみるとわかりますが、デザインもポップでいい感じ。

プライズも単に賞金だけじゃなく、スマホなどにしているのもいいですよね。お金がプライズだとギャンブルって感じでやらない人も、モノが商品だとゲームセンターのゲームのような感じで抵抗なく遊んでくれたりしますからね。

あと驚いたのが、ICObenchのスコア。基本的にカジノ系というのはスコアが低い傾向になるのですが、

なんと、普通のICOでもめったに見られないレベルの4.8を叩き出しています。更に注目は、「20 expert ratings」だということ。ICObenchのスコアはレビューした人の平均なので、ものによっては2,3人のレビューで5.0とかついてしまっていることもあります。ところがこれは20人のレビューでこの数字ですからめったにないハイスコアです。

そしてソフトキャップは$2,000,000と普通ですが、ハードキャップが$9,000,000と低めなのも、買う方にとってはある意味魅力だし、堅実ともいえますね。最近は20Mとか40MとかをICOの目標にして延々継続しているICOもおおいですが、この$9Mというのはかなり控えめで、もしかするとかなり早いうちに完売してしまうのではとちょっと恐くもあります。

そのかわり、買うことができればハードキャップが少ないほうが値上がりする可能性も高いので、期待できます。

ただやはり注意しなければ行けないのは、ゲーム系なので、いくら評論家の評価が高くても客に受けるかは別ということと、カジノ系なので、国際的な法規制の可能性がなくはないことです(今のところそういう話は聞きませんが)。そのため、やはりカジノ系は投資というよりは投機の側面が強いことには十分注意して下さい。

まあ、カジノ系は最悪自分で遊んじゃえばいいのが強みではありますけどね(^_^;)

 

というわけでいまはまだプレセールの段階で、ICO第1週は3月頭からのようですが、結構早く売り切れる可能性があるので、先に登録しておいて通知メールを待つのが良いでしょう。このICO・草不況の中、台風の目となってもらいたいですね。

 

→True Game 公式サイト

 

※プロジェクト・ICOなどへの参加や、投資をされる際には、ご自身により利用規約・プロジェクト内容の確認を十分に行ってください。当サイトは公式サイト及び海外情報サイトで入手した情報を掲載しているのみであり、情報の正確性などについては保証致しません。投資を行い損失などが生じた場合、当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任となりますのでご了承ください。正確な情報は各通貨・プロジェクト公式サイトでお求めください。