【仮想通貨名鑑】Tierion(TNT)データの整合性をブロックチェーンで保障

Tierion(TNT)データ

※チャートは2018年2月24日のもの

公式サイト https://tierion.com/
公式Twitter https://twitter.com/Tierion
シンボル TNT
発行上限 1,000,000,000 TNT
取扱取引所 Binance
HitBTC

>>Binanceの登録方法・使い方はこちらの解説へ

>>HitBTCの登録方法・使い方はこちらの解説へ。

 

Tierion(TNT)データの整合性をブロックチェーンで保障

ブロックチェーンは、データの信頼と検証のための新しい手法になりつつあります。Tierionはブロックチェーンをグローバルプラットフォームに変えて、データ、ファイル、プロセスを検証します。TierionのAPIとツールを利用すれば、永続的なタイムスタンプが刻印されたデータをブロックチェーンに埋め込むことができます。

今日の企業は、契約書や財産権などの重要な文書を公証し、その真正性を証明することができるように公証し、保護する必要があります。また、会計、医療、保険業界の企業は、顧客の大量の重要なデータを保護する必要があります。現時点では、これらのセクター内の情報の真正性を検証することは、費用がかかり、不便であり、場合によっては不可能です。

 

チェーンポイントプロトコル

Tierionはチェーンポイントと呼ばれる技術を使ってこの問題に取り組んでいます。これにより、人々は情報がいつ生成されたかを証明し、作成後に変更が加えられたかどうかを証明することができます。TNT(Tierion Network Token)トークンを発行し、このトークンのインセンティブでネットワークのインフラストラクチャを保護し、ユーザーにネットワークリソースへのアクセス方法を提供します。

またTierionは、「アンカーリング」と呼ばれる方法を使用してブロックチェーン上のトランザクションに情報を接続する証明を生成することによって機能します。これらの証明を持つ人は、第三者の権限に依存せずに、情報のタイムスタンプと真実性を検証できます。この固定方法は、EthereumとBitcoinブロックチェーンで使用できます。

 

モバイル・webからのデータ収集

Tierionは、モバイルアプリケーションやWebアプリケーションからのデータ収集プロセスを容易にします。ユーザーはデータストアを設定し、提供されたHTMLフォームまたはAPIを通じてTierion情報を送信するだけで済みます。データの分類については、TierionがChainpointプルーフを自動的に生成します。これは、特定の時間に情報が収集され、変更されていないことを示すために使用できます。

 

他サービスとの連携

WebベースのサービスZapierを使用すると、TierionはMailchimp、Salesforce、Slack、Gmail、Google Sheetsなどの500以上のインターネットサービスにリンクすることができます。ユーザーはTierionで情報を収集し、これを他のアプリに送信することができます。また、Zieraを使って他のアプリからTierionに情報を送信することもできます。

 

ICOで巨額調達

2017年8月、Tierionはトークンの販売を行いました。購入者数は5,500を超え、調達した総額は25,354,187.94ドルで、TNTの価格は0.072440536ドルでした。

Tierionはトークン販売に参加したすべての人にアンケートを行いしました。回答者の90%以上が、同社のトークン販売サイトがユーザーフレンドリーであると答え、購入者の約94%がトークン販売サイトの情報が明確に提示されたと報告しています。回答者の80%以上がTierion Nodeの操作に関心を示しています。

 

MicrosoftとのTierionのパートナーシップ

TierionとMicrosoft は、情報の存在と完全性を検証するために、ブロックチェーンと情報を結ぶサービスを提供するため、2017年1月に提携しました。マイクロソフトの分散アイデンティティテクノロジは、第三者機関に依存せずに、検証可能なアテステーションを作成するために使用されます。

Microsoftとの提携というのは様々なICOでいわゆる「飛ばし」として扱われることが多いですが、本件についてはエビデンスとして以下のMSのサイトの記事を提供いたします。

https://azure.microsoft.com/en-us/blog/blockchain-identity-proofs/

 

まとめ

ICOでの調達額やMSとの提携などを考えると、価格推移はちょっと残念なところでもあります。やはりブロックチェーンを利用したデータ活用、というジャンルがとにかくライバルが多すぎて埋もれてしまっている感じでしょうか。毎週更新される開発レポートなども継続していますので、コツコツとサービスをアップグレードして、花開いてほしいところです。

 

Tierion(TNT)を購入できる取引所

→Binance 公式サイト
→HitBTC 公式サイト

 

※プロジェクト・ICOなどへの参加や、投資をされる際には、ご自身により利用規約・プロジェクト内容の確認を十分に行ってください。当サイトは公式サイト及び海外情報サイトで入手した情報を掲載しているのみであり、情報の正確性などについては保証致しません。投資を行い損失などが生じた場合、当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任となりますのでご了承ください。正確な情報は各通貨・プロジェクト公式サイトでお求めください。