【市況 2018/3/8】バイナンスがハッキング?BTC暴落の原因を解説!

いやぁ…みなさん生きてますでしょうか。

2018年3月8日の0:30頃から起こった暴落、フラッシュ・クラッシュとは違う数十分に渡る長い暴落だったために、なにか材料があるはず…と思ったのですが、なんとバイナンスがGOXして出金停止状態という一報が飛び込んできました。

いくらなんでも今日もCEOが色々通常営業でツイートしてたのに…と思って調べてみると、(おそらくは)GOXではないものの、思いの外大変なことになっていたようです。

 

バイナンス自体のハッキングではなくアカウントハックの可能性が濃厚

今回の事象の流れとしてはどうも、

①ハッカーがフィッシングを通してやBOTのAPIの秘密鍵などをハックして大量のアカウント情報を所持、寝かせておく

 

②本日を決行日として、まずハックしたアカウントの資産を全部換金

③そしてその資金で「VIX」という仮想通貨を一斉に購入

 

 

④おそらくは自分であらかじめ並べておいた注文をすべて食い尽くし、VIXの価格は一瞬で10000%(100倍)に!

 

⑤あとは悠々と出金?

 

という流れだったようです。

それに気がついたバイナンス運営が出金を一律停止して措置。現在対処中。

 

こういうことらしいですが…まだこれも正式なアナウンスが有ったわけではなく、情報をつなぎ合わせた今のところの推測ですので、詳細は不明です。

わざわざ目立つVIX釣り上げをする必要があるのか?と思うかもしれませんが、APIは大抵の場合権限が設定できるので、BOTに出金権限を与える人は殆どいないため、こういう手順になったんでしょうね。

 

今後どうなるか?

まだバイナンスがなにもアナウンスを出していないのでわからないところなのですが、出金を停止したところから、まだハッカーの資金は拘束されている可能性が高く、これから何らかの措置や対応がとられるのでは?と推測されています。

本来APIをハックされて勝手に売買されても補填はないと思いますが、規模が規模だけに巻き戻しなどの対応があるのではないかとも考えられます。

 

重要なのは、仮想通貨自体の弱点や取引所のハッキングではないということ

ハッキングというとコインチェック事件のような取引所自体がハッキングされたことを想像するかもしれませんが、これはどちらかと言えば、アカウントやパスワードを盗まれた、個人がハックされたという方が近いでしょう。

仮想通貨自体に問題点があったり、バイナンスのシステムに問題点があったというわけではない可能性が高いので、あまり慌てずに行動しましょう。

これをTVやメディアで報道するときにはおそらくそのようなところは詳しく解説せずに、大規模ハッキングとだけ報道される可能性が高いですが、「あの世界トップのバイナンスまでハッキング…」と思わずに、落ち着いたほうが良いでしょう。

ただ、場合によってはそれらの報道や、続報により下落局面は続く可能性が高いですから、ポジションを取っている場合には、整理も考えたほうがいい可能性もありますので、自己判断で検討してください。

 

Pちゃんはどうしてた?

下落のときにポジションは持っていませんでしたが、リバウンドを狙ったらそこから更に下げられて6万円ほど負けました…

チャン\(^o^)/チャン♪