【仮想通貨名鑑】ICON(ICX)あらゆるサービスをブロックチェーンに接続

ICON(ICX)データ

※チャートは2018年1月15日のもの

公式サイト https://www.icon.foundation/jp/
公式Twitter https://twitter.com/@helloiconworld
シンボル ICX
発行総数 400,230,000 ICX
取扱取引所 Binance
HitBTC

>>HitBTCの登録方法・使い方はこちらのサイトが詳しいです。

 

ICON(ICX)あらゆるサービスをブロックチェーンに接続

ICONは、BitcoinやEthereumをはじめとする様々なブロックチェーンと、現実世界をベースとした様々なサービスをつなぎます。仮想通貨の世界と現実の世界をすべてつなげることで、異なるビジネスをつなぎ、分断されていたビジネスの無限の拡張を可能にします。

また、人工知能DAVinCIを基盤にして、ICONネットワーク拡大のための最適な条件の発見に努めています。

 

ICON(ICX)の特徴

多くの仮想通貨は、Bitcoin、Ethereum、Qtum、NEOのような異なるパブリックブロックチェーンを繋ぐ能力を持っていません。これは、プロトコルレベルでブロックチェーンが大きく異なるためです。ICONはこれを可能とします。この革新的な新システムは、独自のLFT(Loop Fault Tolerant)コンセンサスアルゴリズムを使用しています。

 

決済および分散型取引所の利用

ICONの核となる機能の1つにICON Walletがあります。ICON Walletは、分散型取引所(DEX)を通じて通貨をリアルタイムに転送、決済、交換することができます。それは、銀行、証券、保険、大学、およびICONネットワーク上に構築された他の組織であれば、日常生活で使用することができます。

 

スケーラビリティ

ICONはBitcoinやEthereumのような従来のブロックチェーンと互換性がありますが、他のサードパーティのブロックチェーンネットワークとも互換性があります。この機能のおかげで、ICONは、単一のブロックチェーンだけをサポートする他のネットワークよりも効果的に暗号世界と現実世界を融合させる予定です。

 

分散型ガバナンス

他のブロックチェーンベースのプラットフォームと同様、ICONは分散型ガバナンスモデルを目指しています。中央プラットフォーム(Nexus)に接続された各ブロックチェーンは独自のガバナンスを保持しており、Nexusは間接的な民主主義のように機能します。Nexusには代表チャンネルなどの機能もあり、ポリシーを提案して投票を行うことができます。

 

ループチェイン

ICONの中心的技術は、「スマートコントラクトの強化に基づいたリアルタイムトランザクションを提供できる高性能ブロックチェーン」と呼ばれるループチェーンを中心に展開されています。ループチェーンは企業向けに設計されており、最も重要なのは、スマートコントラクトをICONプラットフォーム以外のブロックチェーンネットワークにリンクすることも可能であることです。

 

まとめ

スマートコントラクトという仕組みを持つイーサリウムの登場というのは仮想通貨にとって一つの大きな出来事でしたが、現在では更にそれを拡張するような動きが様々なプロジェクトで行われています。

このICONもそのうちの一つで、さらに優れたスマートコントラクトや分散統治の仕組みを持つ上に、異なるブロックチェーンの橋渡しとなり、それぞれを接続し、ある一方のスマートコントラクトを別のブロックチェーンに流すということも出来るようになります。

また、韓国のプロジェクトということもあり、仮想通貨マナーの主要な源の一つのなっている国が韓国であることを考えれば、投機的な意味に関してもかなり有利ではないかとおもっています(ただし規制がどうなるかが不明ですが…)。

 

ICON(ICX)を購入できる取引所

 >>BINANCE公式サイト
 >>HitBTC公式サイト

 

※プロジェクト・ICOなどへの参加や、投資をされる際には、ご自身により利用規約・プロジェクト内容の確認を十分に行ってください。当サイトは公式サイト及び海外情報サイトで入手した情報を掲載しているのみであり、情報の正確性などについては保証致しません。投資を行い損失などが生じた場合、当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任となりますのでご了承ください。正確な情報は各通貨・プロジェクト公式サイトでお求めください。