【ICO】FLiK(FLiK)エンドトゥエンドのエンターテイメント制作・提供プラットフォーム

FLiK 公式サイト http://www.theflik.io/

FLiK 公式Twitter https://twitter.com/TheFlikIO

FLiK(FLiK)エンドトゥエンドのエンターテイメント制作・提供プラットフォーム

FLiKの概要

FLiKはエンド・ツー・エンドのエンターテインメント・エコシステムで、クリエイティブ・プロジェクトの資金調達、撮影、配信、およびFLiKフレームワーク内でのすべての支払いを可能にします。これは、私たちが知っているエンターテインメントの開発と流通に対する画期的なアプローチです。

 

FLiKの特徴

FLiKストリーミング

Flikは世界中の視聴者にクリエイティブなビデオストリーミングをお届けするために作られたプラットフォームです。我々は旧来の配給モデルを廃止し、クリエイターがもっと力を持てるようにします。われわれは利益の最大98%をクリエイターに還元します。

 

FLiKファウンディング

映画やTV番組の資金集めというのは気丈に時間がかかり、多くの専門家、法律家、投資家を巻き込むものです。それにより作品を作るためには数年、場合によっては十年異常かかることもあります。我々はこの方法を好みません。FliKにより、プロジェクトは迅速に資金を集めることができるようになります。

 

FLiKトークン

FLiKトークンは、FLiKプラットフォームでの作品レンタルや購入に使用できます。また、iTunes、AmazonVideo、GooglePlayなど、さまざまなプラットフォームへの作品提供をし、そこでFLiKトークンが使えることを目指しています。

 

レビューサイトでの評価

☆5

多くの人が実際にホワイトペーパーを読んでいないのではないでしょうか。FliKはT.I(有名なラッパー)とRyanFeltonがプロデューサーとしてスタジオを所有しています。チームにはBitPayを共同設立したTonyGallipもいます。

彼らはプロで、FliKの前にも色々なプロジェクトを成功させてきました。彼らは知識もコネクションもあるので、成功すると信じています。

 

☆2

このプロジェクトは映画の新しい配給方法を作りかもしれないという点で好きです。クリエイターの自由度が増し、映画の製作時間も短くなるでしょう。反面、不利な点としては、資金集めが難しいことと、チームの経験が浅いことでしょうか。

 

☆2

長所:知名度の少ない映画製作者がプロジェクトを公開し、制作、資金確保するための新しい方法です。FLiKの運営によれば作品を配給する大規模ネットワークを持ち、従来の方法よりもお金もかかりません。

短所:FLiKが世界クラスのプラットフォームであるというのは単なる主張です。このプロジェクトが注目されれば既存の企業も対応してくると思うので難しいでしょう。

☆4

小さな映画スタジオにとっては良いことです。大きなスタジオには何百万ドルという予算がありますが、小さなスタジオは予算を銀鉱から借りることも多いです。このプラットフォームであれば、必要な資金を簡単に集めることができます。この仕組みにより業界がさらに進化するでしょう。

 

ICO情報(2017年9月2日更新)

 

ICO公式ページ http://www.theflik.io/buy-flik.html

ICO期間 2017年8月20日~9月20日

利用可能通貨 ETH

レート 1ETH=500FliK

 

ICO時点でのPちゃんの雑感

この手の試みというのは良いことだと思いますが、ただ、このプラットフォームやブロックチェーンを使う必要があまりない気がします。現在NetflixやAmazonが番組を独自制作するようになっており、従来のビジネスモデルよりもかなり早い動きができるようなので、これから作品制作をして、プラットフォームを育てて…となると、ビジネスとしての勝算はかなり厳しいように思えます。

また、関わっている俳優なども米国の芸能界などがわからない私では判断不能かな…。とりあえずICO段階では一旦見送りたいと思います。

 

※プロジェクト・ICOなどへ参加される際には、ご自身により利用規約・プロジェクト内容の確認を十分に行ってください。当サイトは公式サイト及び海外情報サイトで入手した情報を掲載しているのみであり、情報の正確性などについては保証致しません。投資を行い損失などが生じた場合、当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任となりますのでご了承ください。正確な情報は各通貨・プロジェクト公式サイトでお求めください。