【書籍紹介】『仮想通貨とブロックチェーン』バラ色の未来だけを描かない中立的な入門書

木ノ内 敏久『仮想通貨とブロックチェーン』

今回の記事では、日経新聞の記者である木ノ内氏が仮想通貨の基礎的な事柄について解説した『仮想通貨とブロックチェーン』を紹介したいと思います。

 

貨幣論の話からきっちり理解できる土台作り

本書は言ってしまえば、仮想通貨ブームの中で出版された初心者むけ解説書の一つにすぎない。が、その内容は「貨幣とは何か」というビットコインのそもそもの成り立ちや、「ナカモトサトシの思想」などをとりあげ、「今何が起こっているか」について深く理解するための基礎を学ぶことができます。

ブームのなかで急いで作られたような本の中には、バラ色の未来を語るだけのようなものもあるので、入門書でありながら本書のような構成というのはとても望ましいものではないかと思います。

 

ビットコインの一連の歴史を清濁合わせて理解

サトシ・ナカモトがメーリングリストにホワイトペーパーを投稿をしたその日からはじまるビットコインの歴史。本書ではビットコインを取り巻く一連の流れを、「シルクロード」や「マウントゴックス破綻」などの暗部も含めて一通り理解ができるように解説されています。

ビットコインの歴史としては『デジタル・ゴールド』という優れたドキュメンタリー作品が存在しますが、新書一冊でさっと流れを追いたい程度に思っているなら、こちらのほうが良いでしょう。

 

ビットコイン・仮想通貨の現状の問題点も解説

上でも書いたように、ビットコイン関連著作はビットコインの取引所の関係者が出版しているような作品も多く、基本的には「過去の暗部」はある程度書いても、現状の問題点の解説はどうしてもあっさりになります。しかしこの部分はさすがジャーナリストの作品ということもあり、「ハードフォーク」「マイナーの寡占化」「セグウィット問題」など、現状のビットコイン・仮想通貨が抱えている問題をきちんと解説しています。

特に重要なのは、DAOの誰も責任を取らないシステムや、実はビットコインの取引コストはそこまで安くないのではないかという話、そしてマイナーによる電力の大量消費や環境問題絡みを「仮想通貨のアキレス腱」と章を一つ立てて解説している点。ここについては類書でもあまり解説しないことが多いので、本書の特色とも言える章になっています。

 

日本の法規制の問題にも言及

ビットコインやブロックチェーンの将来性、活用法だけではなしに、「現状の日本の法律ではどう扱われ、どういう問題があるのか」ということも詳しく解説しています。例えば他の書物などで、「ブロックチェーンで登記を証明する」というような話がありますが、これをもし日本で実現するとしたらどうなるのか、など、「こんなこともできる!」と書くだけの本を読んでいて「それってどうなの?」と思うような部分もケアされています。

 

NEMの事実誤認に関しては残念

本書について言及して置かなければならないのは、竹宮誠氏をNEMの創設者として取り上げている部分です。Amazonレビューなどでも指摘されていますが、これに関してはNEM公式できっちりと否定しているので、この部分はなんらかの改訂・訂正がほしいところですね。

→宮武誠の立場の明確化について

 

まとめ

最初手に取ったときは、これもブームに乗った本の一つと思って読み進めましたが、さすが日経記者といいましょうか、初心者が把握しておくべき部分をきっちり抑え、発展にも繋げられる良質な入門書でした。

野口悠紀雄氏の『仮想通貨革命』も優れた入門書ですが、2014年の作品ということもあり今であれば本書を読むほうが良いかもしれませんね。もちろん、詳しく知りたい人は両方抑えるべきでしょう。