【ICO】CoinLoan(CLT)仮想通貨を担保にする手軽な融資プラットフォーム

ICObench Coinschedule ICOrating
4.0☆
Silver

 

CoinLoan(CLT)仮想通貨を担保にする手軽な融資プラットフォーム

>>Coinloan 公式サイト(日本語版あり)

>>Coinloan 公式Twitter

 

CoinLoan(CLT)とは


Coinloanとは、ローンの担保として仮想通貨を利用する融資プラットフォームの基盤としてブロックチェーンを活用する革新的なプロジェクトです。誰でも貸し手または借り手になることができ、スマートコントラクト自動で処理をします。

 

CoinLoan(CLT)の特徴

貸し手であれば、一般的な支払い方法(銀行振り込み、カード決済など)を使用してプラットフォームに金銭をデポジットし、アプリケーションを介してプラットフォームに加入し、その資金を貸与する条件を規定します。

また、資金の運用をプラットフォーム自体におまかせすることも可能です。これは、貸し手がの負担を最小限に抑えることを可能にするためです。

 

借り手側は、担保資産として仮想通貨をデポジットし、最大でその担保の価値の70%までのローンを組むことをが可能です。

もし借り手ローンを滞納した場合、ロックされた仮想通貨は精算され、貸し手に提供されます。さらに、担保の価値が下がった場合には借り手が担保を追加しなければ精算されるため、貸出金の全額返済を保証します。

 

貸し手の利点

効率性:貸し手は、アプリケーションの作成と管理を個人的に管理したり、このタスクを自動化されたシステムにまかせることができます。

安全性:指定された期間の終わりまでに借り手がローンを返済することができない場合、彼の担保はシステムによって自動的に売却され、債務は完全に返済されます。

利便性:自動生産システムにより安全性が提供されるため、取引相手を確認する必要はありません。

 

借り手の利点

利便性:ユーザがお金を必要とする場合、自分の仮想通貨資産を販売する必要はありません。ローンを借りることにより、仮想通貨資産の値上がりを見込むとともに、現金を使用できます。また、ローンは最低$50から可能です。

カード:アップルペイ等に対応したバーチャルカードと、世界中どこの国でも発行できるビットカードを発行する予定です。

無制限:システム上、担保の安全が保証されているため、借り手は証明書や身分証などを提出したり、審査を受けたりする必要がありません。

利益:低金利、預金/引き出し手数料なし、即時取引。

 

トークンの使用用途

CTLトークンは、おもにプラットフォームへの手数料や、課金サービスなどの支払いに使用されます。

 

 

ロードマップ

※公式の日本語のままです

 

ICO情報(2018年1月19日現在)

ICO期間:2017-11-26 – 2018-02-14

レート:0.5CLT=1USD

受け入れ通貨:BTC,ETH,LTC

>>Coinloan 公式サイト(日本語版あり)

 

 

ICO時点でのPちゃんの感想

今流行の2P2レンディングですが、ICOでも増えてきていますね。本件は電子立国エストニア発の仮想通貨レンディングサービスです。

仕組みとしては結構考えられていて、借り手側から見れば仮想通貨を担保に現金を調達できるし、貸し手側から見ればかなり安全に自分の資産を投資できます。

最初、「仮想通貨の価格が上昇するなら貸し手は100%守られるけど、下落したらどうするの?」とおもったのですが、サイトにはそこまで詳しくは載っていません。

ですがホワイトペーパーの方を見ると、要は担保に借りられるのが「最大」70%となっていて、100%価値とその30%のバッファがあるうちに、もし担保の仮想通貨が下落して貸出額が70%を上回ってしまうと、それを70%に下げるように幾分か戻さないと決済されてしまう、という仕組みのようです。たしかにこれならかなり貸し手は安全です。

おそらくこれでも先日の大暴落のような場合には対応できないのですが、その辺はちょっとホワイトペーパーからも読み取れなかったですが、運営が保証するか、貸し手のリスクとするのかそれとも入金の暇もなくすぐに強制決済になるのか、のどれかでしょうね。

ただ、この仕組であればたしかにリスクは低いですし、さらに自分で個別の案件にレンディングするのではなく、運営に出資することもできるようなので、それならさらに安全でしょう。

このICOが成功するかというともちろんこのジャンルもライバルが多いから分かりませんが、少なくともこのプラットフォームが安定運営に入れば、Pちゃんは投資を試してみたいなと思っています(日本対応は予定に有るもののだいぶ先かもしれませんが)。

 

>>Coinloan 公式サイト(日本語版あり)

 

※プロジェクト・ICOなどへの参加や、投資をされる際には、ご自身により利用規約・プロジェクト内容の確認を十分に行ってください。当サイトは公式サイト及び海外情報サイトで入手した情報を掲載しているのみであり、情報の正確性などについては保証致しません。投資を行い損失などが生じた場合、当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任となりますのでご了承ください。正確な情報は各通貨・プロジェクト公式サイトでお求めください。