【仮想通貨名鑑】Change Coin(CAG) ChangeBank 分散化仮想通貨銀行


Change(CAG)チェンジの概要

通貨名/シンボル Change/CAG
最大供給量 79,184,116 CAG
アルゴリズム ERC20トークン
コントラクトアドレス 0x7d4b8cce0591c9044a22ee543533b72e976e36c3
公開日 2017年10月17日
公式サイト https://getchange.com
公式Twitter https://twitter.com/changefinance
テレグラム https://t.me/joinchat/GWX8HkLwpOoocINbLXfRtg
bitcointalk https://bitcointalk.org/index.php?topic=2087937.0

 

Change(CAG)の特徴

先に簡単にまとめると…

  1. 金融セクターの国境をなくし、世界の誰でもアクセスできる仮想通貨銀行を目指す
  2. Changeを使用した決済のための「ChangeCard」を発行する予定
  3. グローバル投資や保険、レンディング市場も視野に入れる

チェンジ社の目標

チェンジバンクとは、2016年にシンガポールで設立されたチェンジ社が運営する、仮想通貨を用いて運用される銀行です。チェンジ社の目標は、「世界中の人々に革命的なサービスを提供する」ことです。金融セクターの国境をなくし、すべての人がこの仮想通貨銀行サービスにアクセスできるようにしたいと考えています。

 

グローバル・サービスでChange決済

Changeのモバイルアプリは、世界中どこからでもアクセスできるプラットフォームになっており、このアプリでトークンや資産の管理が可能です。さらに、アプリでの決済だけではなく、決済に多様性を持たせるために、「Change Card」を発行することを予定しています。

 

グローバル投資、保険、レンディング

Changeは単なる銀行業だけではなく、プラットフォームを通じて世界中の資産に投資できたり、旅行保険やレンディングなどの商品に乗り出すことも視野に入れています。

 

トークンの意義

CAGは、チェンジのエコシステムにおける主要通貨として設計されています。もちろんChange全体のエコシステムとしてはCAGだけではなく、BTC、ETH、LTC、その他の主要仮想通貨をサポートします。

重要な点は、CAGはチェンジのエコシステムにおいて、キャッシュバックシステムに利用されるということです。

例えばユーザーがCAGプラットフォームで決済を行った場合、0.05%をリワードとして受取れますが、その支払がCAGを使用したものであれば0.1%を受け取ることができます。

また、CAGのホルダーは、チェンジの市場からの利益も受け取れるようになる可能性があります。チェンジのプラットフォームで商品やサービスを提供するサードパーティーのプロバイダは、利益の20%をチェンジのユーザーとシェアする案を検討しています。

 

Change(CAG)を購入できる取引所