【トレード日記】ICO参加したBlackmoon Crypto その後

Blackmoon Crypto はその後どうなったか

以前記事で紹介し、また、第1候補のMonethaへ応募できなかったことから第2候補としてICO参加した、「Blackmoon Crypto」。その後の値動きなどはどうなっているでしょうか。なお過去の記事は以下をご覧ください。

BlackmoonCrypto(BMC)投資ファンドのトークン化プラットフォーム

【ICO/トレード日記】Blackmoon Crypto(BMC)のICOに応募しました

 

Blackmoon Crypto ICO後の値動き

Blackmoonは「Liqui」「EtherDelta」「Tidax」に上場しました。値段の動きとしては、上場直後には$0.9程度で推移し、その後一旦$0.7ほどに下げ、現在は$0.8程度で安定しています。

購入時の値段は…というと、1BMC=$1のレートでした。ということは、残念ながら80%程度の価格にICO割れしてしまっています…。

そして個人的に痛いのは、購入時のETHレートから私は311BMC持っているのですが、この購入に使ったETHは$380時点で購入したものということ…もちろんICOには何ら関係ない私のミストレードなのですが、感情的には悲しいですよね(´・ω・`)

 

Blackmoon Crypto 今後の方針

とりあえずはこのまま売らずにホールドするつもりです。というのは、Blackmoonは長いスパンでのロードマップのサービスですし、正式なサービス開始は来年の春以降。ですから、何か材料がない限りはまあICO価格より大きな上昇がないのもしょうがないのですよね。

こういうサービスのトークンをICO直後で値下がりしたということで売り払うのもあまりいい方針とは思えませんし、どちらかと言うとBlackmoonのサービスに使ってみるほうが面白いと思うので、このまま行きたいと思います。

サービス開始までにも例えば別の取引所に上場するなどのイベントがあれば値上がりも見込めますし、何が起こるかわからないのが仮想通貨界です。個人的には$0.1とか0.2に暴落するようなトークンでもないと思うので、ICOから値下がりしてしまったサンクコストを考えなければ、長期保有としては悪くないのではないかと思います。

 

というわけで私の方針は以上になります。「お前の記事に乗せられて損したじゃねーか!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ICOは10種類投資して10倍、100種類投資して100倍を狙うようなものですので、こればかりはどうしょうもない…。私も損しているので痛みはわかる、ということで一つ(´Д⊂)

 

※プロジェクト・ICOなどへの参加や、投資をされる際には、ご自身により利用規約・プロジェクト内容の確認を十分に行ってください。当サイトは公式サイト及び海外情報サイトで入手した情報を掲載しているのみであり、情報の正確性などについては保証致しません。投資を行い損失などが生じた場合、当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任となりますのでご了承ください。正確な情報は各通貨・プロジェクト公式サイトでお求めください。