【書評】『1時間でわかるビットコイン入門』初心者におすすめの仮想通貨入門書

小田 玄紀『1時間でわかるビットコイン入門』

今回は小田玄紀氏の『1時間でわかるビットコイン入門』を紹介したいと思います。この本は、「ビットコインが最近話題になっていて、興味があるけどどういうものかわからない…」「仮想通貨がちゃんとしたものなのか、「円天」のような怪しい投資商品なのかを知りたい」というような、初心者に向けてビットコインの仕組みや利便性、安全性、そして今後を解説したものです。ビットコインの入門書は色々と出ていますが、本書は著者がビットコインの取引所の代表取締役ということで、学術的な内容よりも、「実際のところどうなの?」というようなことを解説してくれています。

 

中立的な内容

著者はビットコインの取引所を経営している人物ですが、それにもかかわらず、ビットコインべったりの内容ではありません。もちろん好意的な立場を取っていますが、ビットコインに起きた事件などを語らなかったり、ただ盲信するだけでなく、客観的に開設をしています。

 

ビットコイン概要

本書では、まずビットコインとはどういうものなのか?という仕組みや、それを利用してどういうサービスが生まれるか、また、法律的にはどうなっているのかなど、ビットコインの知識がゼロでもわかることができるような優しい解説で学べるように作っています。細かい技術的な内容は語られませんが、それを必要とする人は発展的な書籍を読めばいいですからね。

 

ビットコインの使い方

さらに本書の中盤では、ビットコインを入手したとして、実際にどう使えるのか?や、投資としてのビットコインなどについて述べています。ここでも、単にビットコインに投資するのが素晴らしい、というような内容ではなく、リスクもあるということや、今までに起こったビットコイン盗難事件や相場の暴落などについてもきちんと掲載しており、事件が及ぼした影響なども解説しています。

 

ビットコインの買い方

そして最後にビットコインを実際にどうやって購入すれば良いのか?という内容の解説を行います。ここでも、自社の取引所を重点的に取り上げて詳しく解説…というようなものでなく、いろいろな取引状についても紹介しており、好感が持てます。

 

まとめ

本書は「Kindle Unlimited」対応ということもあり、格安、もしくはUnlimited会員にとっては無料で入手できる良い入門書であるといえます。仮想通貨関連はブームということもあり、怪しい個人出版の本も出始めているので、そのなかでこのような良い入門書があるというのはいことです。世間では「仮想通貨元年」と騒がれてもてはやされているため、何がなんだかわからずとりあえず買ってみよう、となるような流れにもなりそうですが、まずは知識ゼロであれば、本書を手にとって基本的な知識を抑えるのが良いでしょう。