【仮想通貨名鑑】Zcash(ZEC)ゼロ知識証明を使用した高度な匿名性を持つ仮想通貨

スポンサーリンク

Zcash(ZEC)ゼロ知識証明を使用した高度な匿名性を持つ仮想通貨

公式サイト https://z.cash/

公式Twitter https://twitter.com/zcashco

Zcashは、プライバシーと透明なトランザクションを提供する暗号通貨です。

Zcashでは、支払自体有無の情報はブロックチェーンで公開されますが、送信者、受信者、金額は非公開ですZcashの発行総額はBitcoinと同じ2100万です。

ZCashの歴史

2014年、イスラエルの暗号学者とその他の研究者により、後のZcashのプロトコルは開発され、2016年にこのプロトコルを実装した通貨として、ZookoWilcoxによりZcashプロジェクトが発表されました。

Zcashの最初のマイニングは2016年10月28日に行われ、2017年4月には早くも時価総額でTOP10の暗号通貨になりました。

Zcashの技術

既存技術

BitcoinやEthereumなどの従来のブロックチェーンでは、取引がブロックチェーンに記録されるたびに、トランザクションの双方のアドレスや、金額が明らかになってしまいます。

BitcoinのCoinJoin機能は、ユーザーのトランザクションをプールし、金額と受信者を難読化しますが、トランザクションの合計額を隠すわけではないですし、取引両者がその機能を使わなければいけません。

BitShares1.0では、取引の合計金額を隠す機能がありましたが、取引の受取人は隠されていませんでした。また、過去と将来のトランザクションの値をチェックすることで、トランザクションの量が特定される恐れがあります。

Moneroでは、トランザクションごとに多数のダミー数値を使用しますが、これもクライアントがダミーのトランザクションを作成しなければならないため、情報が漏れる恐れがあります。たとえば2014年4月から2017年1月までのMoneroトランザクションのうち、62%が特定可能でした。

Zcashの技術

Zcashは、特別なプロテクトされた取引で、金額・受取人の双方を保護するために、「ゼロ知識証明」という新しい暗号化方式を使用します。これにより、Zcashではゼロ知識証明を使うことでやりとりする仮想通貨の量(額)を外部に秘匿した状態で決済ができるため、取引量を秘密にしたまま取引を追跡されることなく仮想通貨の融通ができるようになっています。

また、オプションとして、Zcashは匿名性がない公開のトランザクションも可能にします。

Zcashのエコシステム

Zcashの通貨ベースはBitcoinの2100万Zcash通貨単位(ZEC)と同じであり、取引時にマイニングされます。これはBitcoinのような価値を持つなトークンであり、オンラインでの交換、取引などを通じて世界的に譲渡され、他の暗号化通貨や現金化された通貨と交換されることができます。

マイニング報酬の10%はZcash Companyのステークホルダー – 創業者、投資家、従業員、顧問に配布され、これを「創業者報酬」と呼びます。

Zcashの運営者

Zcash Foundationが運営主体となっています。Zcash Foundationは、すべてのユーザー、現在および将来の利益のためにZcashプロトコルを維持および改善するための非営利団体です。一部のステークホルダーからファウンダーズ・リワードのシェアの一部を寄付する約束のおかげで、この作業をサポートするために、通貨基金の1.44%(4年以上)を受け取る予定です。

ZCashの取扱業者

国内 Coincheck

海外 PoloniexBittrexなど

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする