【仮想通貨名鑑】SmartCash(SMART)コミュニティ統治重視の新世代通貨

スポンサーリンク

SmartCash(SMART)データ

※チャートは2018年1月15日のもの

公式サイト(日本語あり) https://smartcash.cc/
公式Twitter https://twitter.com/scashofficial
シンボル SMART
発行総数 587,615,130 SMART
 取扱取引所 HitBTC
Coinexchange

SmartCash(SMART)コミュニティ統治重視の新世代通貨

SmartCashについては正直、ここでまとめる必要はないかもしれません。というのは、公式サイトの日本語ページがおそらくネイティブによって作られており、とてもわかり易い日本語になっているからです。

ですが、このサイトでもいつもどおりの形式で調べたことを簡単にまとめてみたいと思います。

SmartCash(SMART)の特徴

SmartCash は、コミュニティ ガバナンス、ならびに協力と成長に焦点を当てた、ブロックチェーンベース通貨および分散型経済です。

ガバナンス

私たちは、当コイン、ガバナンス、そして予算および使用量の未来をコミュニティがコントロールできるようにし、コミュニティ開発の促進に全力を尽くしています。

「SmartHive」は、コイン所有者であれば誰でも、コミュニティが提出した提案に投票することを可能にします。SmartHive はプロジェクトの活力源になります。誰でも参加して提案を提出することができるため、草の根レベルでの自然な成長を助長するとともに、ボトムアップの管理構造を生み出します。

SmartCash のすべてのユーザーは、参加初日から声を持ちます。これが SmartCash がクリプト ガバナンスの領域において先駆けとなっており、プロジェクトの方向性に対してすべてのユーザーが投票権を持つ SmartHive を中心に構築された理由です。同プラットフォームの詳細情報は、近日中に公開予定です。

簡潔にいえば、基本的に SmartCash トークン 1 枚は 1 票の価値に値するということです。

匿名性

プライバシーは基本的人権であり、SmartCash はその信念を余すところなく尊重します。更新機能である「Renew」は、あなたのお金が追跡不可能であることを保証します。ユーザーは Renew(更新)機能を用いて、古いコインと引き換えに新しいコインを作成することができます。これらの新しいコインには履歴がありませんが、すべてのトランザクションを簡単に表示できるパブリック レジャーで視認可能なまま保たれます。これは、商用システムの実装に際して不可欠です。このソリューションは、Coinfirm のような追跡サービスを無効化し、Coinjoin ベースのミキシングよりも高速です。

報酬

「SmartRewards」は、価格安定化のメカニズムおよび長期的保有を促進するための方法です。長期保有者は、プロジェクトの成功における鍵を握っています。なぜなら、SmartHive トレジャリーは、サードパーティの有意義な提案に資金を提供し、SmartCash を世界的な仮想通貨に成長させるために、当通貨の価値を正当に評価する必要があるからです。最低 1000 SmartCash を保有するすべてのウォレット アドレスは、スナップショットを行う日の後に、平均して 30 日ごとに報酬を獲得します。SmartRewards は、ブロック報酬の 15% から配分します。

決済

良質なビジネスサービス提供には、インスタント トランザクションが不可欠です。「InstantPay」はそのためにあります。InstantPay は、何を購入していようとも、SmartCash が超高速であることを保証します。

InstantPay は、店頭・店内・オンラインでの素早い購入を可能にする重要な機能になるでしょう。人々は、日用品を購入する手段として暗号通貨を使用できるようになるべきです。InstantPay はそれを現実にします。トランザクションは一瞬で完了し、その速度は Visa や Mastercard を使うよりも高速です。

SmartCash(SMART)のマイニングエコシステム

ビットコインのような従来の仮想通貨は、マイナーのみが報酬を受け取り、プロジェクトの維持・開発・推進において積極的な役割を担う他の参加者をないがしろにします。ブロック報酬の 70% は、SmartHive コミュニティの提案と Hive チームの資金に割り当てられ、残りの 30% は、マイニング(5%)と SmartRewards(15%)SmartNodes (10%)に割り当てられています。

SmartCash はコミュニティに大きな焦点を当て、コミュニティが追求したいプロジェクトに資金を供給するために予算の 70% を確保し、システムメンテナンスやその他基本的なニーズなどのプロジェクトには、予算の 30% しか使用していません。技術を持つ方であればコミュニティに参加し、創造的なアイデアで SmartCash コミュニティの成長に寄与して頂けると非常に幸いです。

SmartCash のマイニングは、マイニング集中化を防ぎ、ネットワークの成長を奨励します。マイニングの端末としてすべてのコンピューターを使用できるうえ、その他多様なタスクを処理できる余力をそのコンピューターに残します。Keccak のマイニング アルゴリズムに対する ASIC は未だ開発されておらず、SmartCash の時価総額が相当な額に到達するまでの期間、おそらく ASIC は開発されないと想定していいでしょう。

まとめ

正直ここでのまとめはほとんど公式サイトの文章を組み替えただけになってしまっていますが、それくらい公式サイトの作りが丁寧だということです。

もちろんだからと言って通貨としての完成度や開発進行とはまた別ではありますが、ユーザーに対して正しい情報発信をしていこうという姿勢が伺えますし、実際に解説されているような仕組みが実現できるのであれば、かなり有望な通貨といえるかもしれません。

現在だいぶ価格が上がってしまっていますが、まだ大手取引所での扱いがないために今後何処かに上場した場合の期待値というのはまだまだ有るのではないでしょうか。ただ発行総数は多めの通貨ですのでそのへんは注意が必要です。

SmartCash(SMART)を購入できる取引所

>>HitBTC公式サイト
>>CoinExchange公式サイト

※プロジェクト・ICOなどへの参加や、投資をされる際には、ご自身により利用規約・プロジェクト内容の確認を十分に行ってください。当サイトは公式サイト及び海外情報サイトで入手した情報を掲載しているのみであり、情報の正確性などについては保証致しません。投資を行い損失などが生じた場合、当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任となりますのでご了承ください。正確な情報は各通貨・プロジェクト公式サイトでお求めください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする