【仮想通貨名鑑】Safe Exchange Coin(SAFEX)暗号で保護されたブロックチェーン上でeコマース

スポンサーリンク

Safe Exchange Coin(SAFEX)データ

公式サイト https://safex.io
公式Twitter https://twitter.com/safe_Exchange
シンボル SAFEX
発行総数 2,147,483,647SAFEX
取扱取引所 Bittrex
Cryptopia

SAFEX―デジタルビジネスエコノミーをもたらすもの

Safexコインを所有することで、あなたは分散化組織の一部に属し、自分の資産に関する様々なアドバンテージを受けることができます。

なぜSAFEXが誕生したか

我々はインターネット上で、さまざまなオンラインプラットフォームを使った売買に慣れています。Alibaba、Ebay、Amazonは、中小企業や個人が商品を売買するために最も頻繁に利用されるプラットフォームの一部です。

商用のこれらのプラットフォームに加えて、クレジットカードや電子マネーを使って商品やサービスを購入できる独自のウェブサイトを運営するショップが非常に多く存在します。仮想通貨は、個人商店や中小企業がB2Cで支払いを受ける際の、「おなじみ」のものになろうとしつつあります。

Alibaba、Ebay、Amazonなどのプラットフォームは、今日われわれが「eコマース」として知っているものを形成しました。彼らはここにいたるまで、出来る限り最善を尽くしてきました。

しかし、中小企業が運営する小さいウェブサイトを含むこれらのプラットフォームは現在、問題を抱えていると言えます。それは、個人情報や、収集されたビッグデータと、それに紐づくプライバシーリスクに関連しています。

さらに、Fiatを使用して提供される支払方法には、クレジットカード、電子送金、および銀行振込などがありますが、手数料や取扱上限が制限されています。

特に個人情報やパスワードが盗まれた場合、個人と大量に通貨が入っているウォレットが紐付けられば、ハッキングの対象ともなります。

これがSafex Marketplaceが誕生した理由です。これは、仮想通貨を使用して取引を可能にするブロックチェーン上のプラットフォームです。仮想通貨を使用する人は、仮想通貨をすべての商品やサービスの支払いの一形態として安全に使用することができます。

市場では、暗号化エスクローシステムとレーティングシステムを使用して、人々が高品質のサービスを受け、すべてのトランザクションが匿名であり、誰もが詮索や干渉から保護されることを保証します。そして最大限の保護は、ハッカーや悪意のある工芸の標的にならないため、仮想通貨資産が安全であることです。

Safexコインホルダーは、このブロックチェーン市場で行われるすべての取引手数料を獲得します。また、彼らはその通貨を使って市場で取引することができる最初の人物になるでしょう。これらのコインは、あなたが市場の創造と将来のガバナンスに積極的に参加することを可能にする投票を処理する能力があります。

また、売り手のプロフィールを目立たせる(広告)こともできます。市場はChilleと呼ばれ、より多くの情報が、2017年9月と10月に公開されます。Safex保有者には、Chille通貨(市場の通貨)が最初に発行されます。

まとめ

最近この手のブロックチェーン上でeコマースという通貨はかなり多いです。しかし実際問題どこまで普及するかとなるとなんとも言えませんし、ライバルが自身で言っているようにAmazonやアリババだったり、日本から進出するメルカリだったりと、「巨人」を相手に戦わなければいけません。

どんなに優れたシステムであっても、人が集まらなければ市場が成り立たないわけで、まずはそのようなサービスを作れるかどうか、というところが長期目線では商店となるでしょう。

ただ、短期目線ではハードフォークなど材料が出るたびにけっこうPumpされている銘柄という印象を受けますので、うまく材料トレードで波にのるのも面白いかもしれません。

※プロジェクト・ICOなどへの参加や、投資をされる際には、ご自身により利用規約・プロジェクト内容の確認を十分に行ってください。当サイトは公式サイト及び海外情報サイトで入手した情報を掲載しているのみであり、情報の正確性などについては保証致しません。投資を行い損失などが生じた場合、当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任となりますのでご了承ください。正確な情報は各通貨・プロジェクト公式サイトでお求めください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする