【ICO 10/15~】REGA(RST)それは「保険」の再発明。ブロックチェーン・分散型保険プラットフォーム誕生。

ICObench Coinschedule ICOrating
4.7
プレミアム
Silver STABLE+
スポンサーリンク

REGA(RST)それは「保険」の再発明。ブロックチェーン・分散型保険プラットフォーム誕生。

REGA 公式サイト

REGA 公式Twitter

REGAとは

REGA Risk Sharingは、イーサリウムブロックチェーン上に構築された、分散型保険プラットフォームです。保険市場で最も有効なソリューションを目指し、ブロックチェーン技術を使用して保険業界を改革します。

REGAの特徴

保険を再発明する時期がやってきました。

現在、シェアリングエコノミーというものが流行し始めています。カーシェアやルームシェアはもちろん、自転車や、Wi-Fiをシェアするようなサービスまで出てきました。

しかし、それなら何故我々はリスクをシェアすることで、悪どい保険会社から自分自身を守らないのでしょうか?その理由は、リスクを評価するアルゴリズム、技術、リソースを保険会社しか持っていないからです。

我々REGA Risk Sharingは、リスク見積もりと評価における20年の経験を活かし、誰もがリスクをシェアし、相互に団結することができる保険プラットフォームを構築します。

REGAのサービスの特徴は以下になります。

  • エージェントやブローカーなし
  • 経費低減
  • 運営費は支払いの20%(従来のサービスは25%~50%)
  • 最大50%のキャッシュバック
  • 即時支払
  • ブロックチェーンにおけるプロセスの透明性

統計学的評価

保険の支払いを評価するために、何か特定のイベント(病気や事故)などが起こった際には、様々なデータなどを提出し、アルゴリズムにより損失を算定。

REGAによる保険の例

ペット

ペットを獣医に見せた場合、最大で80%の支払い。健康で診察料金のみだった場合は最大50%の支払い。

ガジェット

購入時に定価の2.5%を支払い、中抜き無しで選択したリスクからガジェットを保護します(画像はサービスのサンプル)。

車の所有者はREGAの車プールに支払い、事故があった場合に修理費などを受け取れます。

不動産の価値を判定し、破損があった場合に修理費などの支払いを受けることができます。

健康関連

スマートウォッチ、ヘルスアプリ、フィットネスガジェットなどのデータにより、最適な保険料を算定することができます。

ICO情報(2017年10月15日更新)

ICO公式サイト(サインアップフォームが開きます)

ICO期間:2017年10月15日~11月15日

プラットフォーム:ETH

ソフトキャップ:100,000ETH

ハードキャップ:150,000ETH

受け入れ通貨:ETH

レート:0.1ETH=1RST

ICOボーナス詳細

10/15-16:0.08ETH=1RST

10/17-18:0.09ETH=1RST

10/18-:0.1ETH=1RST

※ボーナス期間が短いので、参加される方は注意。

ICOロードマップ

10,000ETH

REGAプラットフォームのプロトタイプが設計・改善されます。クレーム処理昨日、トークン所有者による投票機能追加。ブロックチェーン上にプラットフォームを構築。

25,000ETH

REGAプラットフォームをサードパーティで利用できるようにします。REGAガジェット保護にAppleデバイスを対象とすることができるようになります。第三者への再保険機能も提供。

75,000ETH

自動車や資産を保険の範囲に拡張し、APIも提供。

100,000ETH

健康保険サービスの追加。

ICO時点のPちゃんの感想

いやー…もうこんな時代になってしまったのか、というところですね。保険までブロックチェーン上で情報を共有し、リスクを分割。評価から支払い判断、算定まで機械学習プログラムのAIが自動実行、と。本当にここから5年10年で大きく世界は変わるのかもしれません。

日本人は保険が大好きですが、ホリエモンなんかがよく言ってるように、保険というのは基本的にめちゃくちゃ損です。運営に25%から保険によっては50%も持っていかれるし、支払いもいざという時スムーズに行かないことが多いです。

そこでこのプラットフォームが登場し、煩わしい保険の営業や、小さい字で読みづらすぎる契約書、詳細すぎる申込書がなく、(動画にあるように)写真やアプリを使ったデータを送るだけで、自分が必要とする保険を使用することができ、手数料も一律20%とあれば、まさに革命です

ただ普及には時間がかかる気がするんですよね…。結局保険に入る人の気持ちが何かと言えば、「安心」を買うためにお金を払うわけです。ですから、特に日本はそうですが…世間一般にまだ知名度がない「仮想通貨」の「ブロックチェーン」を使用した保険のプラットフォームがあるよ、といったところで、生命保険やがん保険を加入するか?といえば厳しい気はします。

たとえ一般の保険のほうがよっぽど支払い率が悪くても、「大きい会社のほうが安心!」となってしまいそうなんですよね。だから、このICOは長期で考えないといけないのかなと思います。

ただ、個人的にはガジェット関連の保険に関しては、若いユーザーを中心にブレイクする可能性があるのではないかと思います。現在のスマホなどの保証ってわかりづらいし、支払ってくれるかどうかが担当者によって変わったり、正直不透明です。

それが写真をとアプリインストールくらいで、何があったときに即時に払い戻しを受けれるような保険があれば、少なくとも私は間違いなくこちらに入るでしょう。

そんな気持ちもあり、応援のつもりで少し買ってみようかな~と、悩み中です。そのトークンでiPhone買い替えた時に保険に入ってみて記事にしてみたら面白そうだし(๑´ڡ`๑)

REGAのICOに参加する方法

①公式サイトのサインアップフォームよりユーザー登録をします。

>>ICO公式サイト(サインアップフォーム)

②「PROFILE」より、MyEtherWalletのアドレスを登録しましょう。できれば2FA認証も。

MyEtherWalletのアカウントがない方は以下の記事を参考にしてください。

>>ICOに参加するためにMyEtherWalletを導入しましたので、作成方法をご紹介します

③ダッシュボードのSTEP1で購入する量を入力。

④ダッシュボードのSTEP2で購入する通貨を選択し、「Get Address for Payment」をクリック。するとQRコードと入金アドレスが出ますので好きな方を使いましょう。

⑤MyEtherWalletから購入資金をデポジット。

⑥ダッシュボードのSTEP3で購入手続き

写真はまだ入金反映前ですが…入金が反映されたら、支払う通貨を選択し、チェックボックスにチェック。購入する量を入力し、「BUY NOW」で購入完了となります。トークンの配布を待ちましょう。

※プロジェクト・ICOなどへの参加や、投資をされる際には、ご自身により利用規約・プロジェクト内容の確認を十分に行ってください。当サイトは公式サイト及び海外情報サイトで入手した情報を掲載しているのみであり、情報の正確性などについては保証致しません。投資を行い損失などが生じた場合、当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任となりますのでご了承ください。正確な情報は各通貨・プロジェクト公式サイトでお求めください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする