【ウォレット】草コイントレードに必須!Chromeで動くウォレット「MetaMask」の導入方法を解説します

スポンサーリンク

【ウォレット】草コイントレードに必須!Chromeで動くウォレット「MetaMask」の導入方法を解説します

みなさん、快適な草コインライフをお過ごしでしょうか。基本的に今まではBittrexに上場しているくらいの草コインをメインにご紹介してきたのですが、もう少しマニアックな「EtherDelta」などの取引所での扱いがある草コインも徐々に紹介してもいいかな?と思い、今回はまずEtherDeltaの取引に必須、かつ便利なウォレットである「MetaMask」の導入方法をご紹介させていただきたいと思います。

なお、記事がかなり長くなってしまうので、今回は導入と初期設定まで。「使い方」については次回以降の記事でご紹介します。

MetaMaskとは

MetaMaskとは、GoogleChromeの拡張機能で動くイーサリアムのウォレットです。以前の記事で「MyEtherWallet」をご紹介しましたが、それと同じようなもののWebブラウザアプリ版、と思って良いでしょう。ただし、機能には若干違いがあり、MetaMaskのほうが簡単に操作ができる部分もあるし、MetaMaskではできないこともあります。

なお、MyEtherWalletの導入については以下の記事を参照してください。

ICOに参加するためにMyEtherWalletを導入しましたので、作成方法をご紹介します

MetaMaskの導入方法

①Chromeをインストールする

まず、MetaMaskはGoogleChromeブラウザの拡張機能で動作するため、PCにChromeがインストールされていない場合は、そこからスタートとなります。

>>パソコン版 Chrome – Google

②Chrome Web Store からMetaMaskをインストール

以下のリンクがMetaMaskのページです。

>>MetaMask – Chrome ウェブストア

ウェブストアから検索してももちろん良いのですが、注意しないといけないのは…

このように、ウェブストアに定期的に偽アプリが出てくることです。間違ってインストールして送金してしまうと(おそらく)全て盗まれてしまうため、絶対にインストールしてはいけません。偽物でわかりやすいのは提供の部分が「metamask.io」ではないことや、ユーザー評価の部分ですね。

というわけで、本物をインストールしていきましょう。「+CHROMEに追加」をクリック。

追加のダイアログが表示されるので、「拡張機能を追加」をクリック。これでインストール自体は終了です。

③MetaMaskのパスワード設定

インストールされると、ブラウザの右上にMetaMaskのアイコンが表示されるようになります。今後MetaMaskを使用する際にはここをクリックして起動することになります。

初回起動時には利用規約などが表示されます。プライバシーポリシーと利用規約で、2回「Accept」をクリック。

最初にパスワードの設定をします。最低8文字以上ですが、このパスワードが破られると好き放題されてしまうので、「他のパスワードを流用しない」「大文字小文字記号を合わせる」「長い」パスワードを設定するようにしましょう。パスワードツールなどで生成してもいいと思います。

パスワードを決定すると、SEED情報(12個の英単語)が表示されます。これはめちゃくちゃ重要で、ウォレット復元のために使う秘密鍵のようなものです。これもパスワードと同じく絶対に人に知られない&なくさないように保管しましょう。これがバレるとウォレットの中身を根こそぎ盗られるためパスワード以上にやばいです。一番下の「SAVE SEED~」をクリックすると、これをファイルとしても保存できますが、取扱には注意。

SEEDの保管ができたら「I’VE COPIED~」をクリックして先に進みます。

なお、画像のウォレットは見えそうで見えない状態になってますが、クラックしても記事用に作ったウォレットなので一銭も入っていませんw

④ウォレット名変更

SEEDを控え、「I’VE COPIED~」をクリックするとこの表示になります。これが基本画面ですね。

アンダーラインが引いてある部分を見るとわかりますが、いきなりETHのウォレットアドレスが1個作られ、付与されています。これを取引用のウォレットとして使ってしまって良いでしょう。

ただし、今後MetaMaskを使用する上で、殆どの人は複数のウォレットを使うことになる場合が多い(理由は後ほど)ですので、名前が紛らわしくては困ります。というわけで、四角で囲んでいる「Account1」となっている部分がウォレット名なので、ここを変更しましょう。

「Account1」のあたりにマウスカーソルを持っていくと、「edit」が表示されますので、そこをクリック。

トレード時の一時的な保管用に使う場所なので、それがわかるような名前がいいでしょう。ウォレット名を入力し、「Save」をクリックすれば変更完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

記事が長くなると読みづらいと思いますので、今回の記事はここまでにしたいと思います。次回の記事では「MetaMaskの基本操作」、そして次々回では「EtherDeltaの使い方」についてご紹介する予定ですので、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする