【市況/近況】2月後半戦スタート ビットコインに春は来るか?

スポンサーリンク

【市況/近況】2月後半戦スタート ビットコインに春は来るか?

みなさんお久しぶりです。最近のいまいち煮え切らない仮想通貨市場、どうお過ごしでしょうか。

ビットコインもテザー問題や韓国規制問題、そしてあのコインチェックの5億NEMハッキングなど、絶望的に思われていた2月前半が過ぎ、市場に木漏れ日がさしてきたという感じですかね。本日2/14にあると噂されていたテザーの公聴会も、どうもFUDである可能性が高まってきています。

こうなるとあとは3月のG20を乗り越えれば「仮想通貨の春」がやってくる気がしています。

アルトコイン・草コイン市況

ただBTCは持ち直してきつつも、イマイチなのがアルトコインや草コイン。もちろん散発的に吹いている銘柄もあるのですが、やはり全体的に停滞している感じはありますね。私が注目していたものだけでも、$8までいったVENは$4台、$0.14まで行ったETNも$0.07、$4まで急上昇して大きな話題になったITXも$0.8と、12月1月のアルト相場前の水準くらいになっていたりします。

個人的に今月もいろいろ調べていたのですが、いくら「おすすめするものではなく、調べたついでに情報をシェア」とはいえ、「この地合ではな…」と記事にするのを見送ったものが多くあります。

やはりどうしても仮想通貨市場はまずBTCが好景気になり、そこでお金に余裕ができた人たちがアルトや草に回すという構造がありますので、BTCの復帰を期待したいところです。

おもえば去年も夏から秋にかけてはこのような感じだったと思いますので、気長に待つのがいいかと思っています。

ICO市況

ICOも同じく、BTCが不安定な状態では投資に回す余裕がある人も少なく、また仮想通貨市場全体がどうなってしまうかわからない状況では数ヶ月資金拘束されるICOはかなりつらい時期でした。実際、ICOを延期したプロジェクトもいくつか見かけました。

ICOが賑わう条件というのは結構難しいんですよね。と言うのは、景気が良すぎてアルトが吹きまくってる様な相場では資金拘束されるより直接アルトを買ったほうがいいですし、なだらかな好景気でないとなかなかうまく行きません。

個人的にはそろそろそのような時期になってくると思いますので、また面白そうな案件があれば紹介したいと思っています。

また、個人的には美味しいアフィリエイトなどあるようなICOでも、ダメだと思ったものは紹介しないスタンスですので、多くのブロガーがアフィリエイト目的でこぞって紹介していたTRFやスイスボーグを個人的に気に入らなかったので紹介しなかったのはちょっと自慢ですね。

今後もICO紹介記事は書き続けますが、「まとめ」の項目を見ていただければ素直にそのICOに対する感想は書いていますので、それを参考にしてみて下さい。

ブログ企画

eBTCが投票に勝ったということで、何か企画をやろう…と書きましたが、一応考えているのが

・ICO10個、実際に参加するものを紹介

・草コイン10種類、10万円づつ買ってホールド

・苦手でずっと避けていた短期FX(スキャル)に一から挑戦、定期報告

この辺を考えています。おそらく3月くらいからスタートしたいと思っています。

その他

投資関連の昔の知り合いが仮想通貨のブログ(サイト?)を立ち上げようとしていたので、そちらに協力していました。現在このブログは草コインやICOの紹介がメインになっているのでそれとちょっとテイストが違う、昔書いてわりと細々と読まれているテクニカル関連の記事などを、そちらに寄稿という形で移動するかもしれません。

他にも寄稿を昔の知り合い関連から募るかもしれないということなので、Pちゃんもなにかこっちとは違うテイストの記事を執筆したりするかもしれませんね~^^

その場合にはお知らせいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする