【市況2018/1/18】中国全面禁止?韓国取引所閉鎖?BTCパニック大暴落!からの~?

スポンサーリンク

BTC大暴落!からの~完全復活はなるのか?

みなさん…ここ数日の相場を強く生きているでしょうか?(笑)Pちゃんもちょっとダメージを抱えてしまいましたが、元気です。

昨日は流石に相場を手に汗握っていたり、情報をあさっていたりしたので更新はできませんでした。ブログのアクセス数も、こんな相場では誰も仮想通貨、とくに草コインの情報なんて見たくないですよね…というわけで、なんと普段の半分のアクセスしかありませんでした。

Pちゃんの被害

わたしの被害額は、そこまでではありませんが、そこそこ抱えていたNEOと、ICOからの長い付き合いであったETNの含み益がかなり削られてしまって、マイナスというわけではないですがかなりの大打撃です。

ただ、実はお気づきの方もいたかもしれませんが、大暴落の当日午前…

【上場投票】参加して勝利を勝ち取ろう!KuCoinの上場コイン投票第3回が開催中!

更新したこの記事で、「最近の草ではeBitcoin(eBTC)に注目している」と書きました。するとなんとあの全面下げのなかで、eBTCはピークで+100%という、凄まじい上げ幅!この記事を読んで買ってみた方は美味しい思いができたかもしれません。

ただ残念ながらそのような上げがこのタイミングできたのは残念でしたね。お金が引いていく流れには抗えず、結局現在はほぼもとに戻ってしまっています。バブルのさなかにこんな上げがあれば、更にそこからの資金の流入も見込めただけに複雑です。

でもそれはそれ。ケチくさいPちゃんですから、あんな下げ相場で+100%なんてことになったら当然やばいと思って、上げを邪魔しないようにちょこちょこ売りさばきました\\٩( ‘ω’ )و ////

結局所持数の半分を取得のおよそ2倍で売ることができたため、これで手持ちのeBTCはほぼ無料で取得できたと同じことに。今後これをまた買い増すかは検討中ですが、とりあえずこれのお陰でダメージがかなり軽減されました。

あとはもう一つ、今日早朝からの上げをつかんで30万円幅近く取れたので、これもかなり利益になりました。ブログの記事もかかずにチャートと戦ってて正解です(っ´ω`c)

…まあそれでも数千ドルの被害ですけどね…はやく相場がこのまま戻ることを祈ります。アルトが戻ってくれれば、このBTCの戻しの金額がそのままプラスになるので…!

今後の相場

これに関しては今までも言ってきたとおり、Pちゃんはまだ仮想通貨全体は「暴落などをはさみつつ」大きくなると思っています。

ですので、今回の暴落でも投げ売りなどはせずただ待ってました。もちろん今回のこれは失敗という面もあり、早めに逃げて、安くなったところを買うのが一番だったんですが、初動を遅れてしまったためにホールドになってしまったことは反省です。

とはいえ今回のショックはいろいろな複合要因が絡み、業界全体へのダメージが大きいことも確かだと思います。韓国、中国の動向がはっきりしてくれば、BTC、主要アルトは次第に値を戻すでしょうが、草はちょっとしばらく不況かもしれませんね。

ただ、定期的に読んでくれているみなさんはわかってくれると思いますが、本サイトで取り上げているICOはコインは「草」といっても実態が完全にないようなものは少なく、ある意味低位株のバリュー投資のようなイメージでやっていますので、こういう相場でもまだまだチャンスは有るんじゃないかなと思います。これはおすすめしない、というようなものはそう書きますからね。

まとめ

今回はとりあえず落ち着いたと見えますがまだまだわかりませんし、今後も仮想通貨業界は世界の様々な国を巡って議論がされ、そのたびに乱高下を繰り返すと思います。ですので年始からある程度感じたことをまとめておきます。今後の同じような相場の時期に少しでも役立てばいいと思うのですが。

・相場が総楽観になったあと、少しでも停滞しはじめたら逃げることを考える

→いま仮想通貨やらないやつアホだろ!みたいな雰囲気から少し曇ってきたところ注意

・逃げたことによる機会損失よりも暴落に巻き込まれる損失のほうが大きい

→年頭みたいにつぎつぎ上がると気持ちが焦るが、今後も上がる銘柄はたくさんあると思って焦らない。市場が飽和したところで暴落に巻き込まれるとダメージが大きすぎる

・余力を残す

→暴落したときにポートフォリオいっぱいに仮想通貨を持っていると、ダメージもさることながら下げたところを拾うことができない。とくにアルトメインならボラも激しいので、投資に使える資産全体のうちある程度はフィアットやUSDTなどで持つ

・仮想通貨の可能性を信じるか信じないかをキッチリする

→例えば今回のような暴落の時、「仮想通貨は潰れない」と思うのであれば、しっかり下げたところを拾って、信念を持ってホールドできますし、逆に「仮想通貨は投機としてやってるだけだから」と思うのであれば、こういうときには拾わず、戻すのを待てばいいと思います。

中途半端が一番ダメで、落ちたところを拾ったのに「やっぱ怖い!」と手放すようなことは一番の損です。自分が仮想通貨をどう思っているか自問自答しましょう。

・仮想通貨にこだわらない

→これはまあ身も蓋もないかもしれませんが、みなさんがなぜ仮想通貨をやっているかといえば、ほとんどの人は結局のところお金を稼ぎたいからだと思います。

であれば、別に手段はなんでも良いと思います。とくに今は株もバブルですから、仮想通貨の地合いが悪いなー、なんて思ったときには、全部じゃなくても、資産の1/2とか2/3を株などに回しておいてもいいと思います。

仮想通貨のメリットはバブル相場で勝ちやすいことですから、難しい局面ではその利点が活かせません。仮想通貨にこだわる必要はない、という原則は常に忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする