【市況】2017年9月29日~ COMSA騒動 テックビューロはICOの夢を見るのか

スポンサーリンク

Zaif炎上

Zaifが炎上していますね。発端は9/29、テックビューロが行うICOプラットフォーム「COMSA」自身のICOが行われる10/2の数日前。そのCOMSAで行われることが「確定」とホワイトペーパーに謳われた「CAMPFIRE」か以下のような声明を出したのです。

一部報道機関より、仮想通貨を使った資金調達用ICO(Token Sales)ソリューション「COMSA」にて当社がICO(Token Sales)を行うとの報道がなされていますが、双方で詳細な諸条件などに基づいて合意に至った事実はなく、今後もCOMSA上でICOを実施する予定はございません。当社は事業領域拡大のため、ICO(Token Sales)領域への参入を別の手段で検討しております。

2017年9月29日

株式会社CAMPFIRE

このサイトに来る方はICO関連など詳しい人が多いので細かい説明はしませんが、経緯を追えば追うほど色々と残念ですね。僕はCOMSAは所有していないのですが、ICOは好きなので、日本版ICOプラットフォームがいきなり最初にこんな騒動を起こしてしまうことによって、ICO全体が不審に思われたり、最悪、韓国などに続き規制につながる可能性もあるからです。

Zaifの対応も残念。テレグラムというオープンではない場だけ状況報告をし、その内容も「家入氏と連絡が取れない」「担当者と連絡が取れない」ということに終始しているようです。

そもそもホワイトペーパーに「確定」とまで書くのであれば契約なりをかわしているのが普通であるし、契約をしているのであればこのような対応にならないでしょう。内実がどうなのかはちゃんとした声明がでるまでわかりませんが…

しかしこれでホワイトペーパーなどを読んでプレセールで買った人はどうなるんでしょう?紆余曲折のすえ実行されるならまだしも、CAMPFIREからの声明の「今後もCOMSA上でICOを実施する予定はございません」という強い言葉を見れば希が薄いように思えてしまいます…返金なりなんなりの対応が来ると良いのですが、週明けの動きには注目です。

PちゃんとCOMSA

わたしはこのブログで自分が気になったICO案件などを紹介していますが、その中でCOMSAを紹介したことはありませんでした。個人的に2017年にCOMSAで行われる予定といわれていた2つのICOに全く魅力を感じなかったことや、Zaifトークン乱高下関連のニュースでも「ちょっと良くない対応だなあ…」というように思っていたからです。

それに対して色々なブログではCOMSAはかなり盛り上がっていたんじゃないかと思います。「COMSAで儲けて家を買おう!」的なブログ記事まで見ましたし…「ここまで盛り上がるものじゃないよなー」というのが素直な感想でした。

COMSAと紹介制度

COMSAにかぎらず、ICOというのは紹介制度というのがよくあります。その中でこのCOMSAの紹介制度は、それを通してトークンを買った人の5%がもらえるというなかなかな報酬の上に、日本の会社がやっているサービスだということで、かなり買ってもらいやすいなどの利点から、多くのブロガーの人達が、おすすめして、ポジショントークをしていたんじゃないかなと思います。もちろん、COMSAに惚れ込んで期待して語っている人もいたと思いますが。

Pちゃんの紹介に関するスタンス

このブログでも、色々なICOを紹介していますし、紹介制度があるようなものはコードをお知らせしたりしています。そのなかには私がトークンをもらうだけのものもあれば、コードを使ってくれたみなさんにもトークンが追加で入るようなものもあります。

ただ、それはできれば両者がwin-winになれればいいと思ってですし、それによって僕も少しばかりのトークンがもらえると記事更新のモチベが上がるからです。

とはいっても大前提のスタンスとして、「自分が気になって調べたICO情報をシェアする」ということは変えていません。「まずアフィリエイト制度があるICOを調べて紹介する」ではいけないと思っています。ですがこの後者になっているサイトは結構多いのではないか?とも思います。

だからこのサイトでは紹介制度がないICOもちゃんと紹介したり、「こりゃあかんなー」とか「私は買いません」というような感じの紹介記事もあります。そこを嘘ついて「私も買いました!おすすめです!」とやれば少しでも稼げるのかもしれませんがそれだけは絶対やらないようにしたいと思っています。

専業の人はそんな甘いことは言えないのかもしれませんが、私は本業があってブログは趣味なので、人を騙してまで小銭を稼ぎたくはないからです。もちろん私のおすすめICOを買って結果、損してしまう方もいることでしょうが、あくまで個人的な予想のブログですし、ちゃんと買ったと言ったものは買っているので、みなさんと一蓮托生です。

COMSAの今後に期待

今回の記事では騒動に合わせてCOMSAに批判的なことを書いてしまいましたが、べつに今後もCOMSAは無視をする、ということでは全くありません。ホワイトペーパーにて「確定」とされた2件には興味なかったですが、今後魅力的なICOがあればもちろん皆さんに紹介したいと思いますし、各国でICOが規制され始める中、ICOが合法な国として日本が世界から注目されればうれしいですので、頑張ってほしいなと思います。

とにかく、今回の騒動をどうおさめるか?最終的にどういう決着となるのか?というのは、今後の日本のICO業界においてかなり重要でしょう。週明けの明日、どうなるのか。テックビューロの動きに期待したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする