【トレード日記】2017年10月13日 モナコインのブレイク狙い

スポンサーリンク

【トレード日記】2017年10月13日 モナコインのブレイク狙い

昨日の記事では反省しきりな私でしたが、とはいえモナコインで稼ぐことを諦めたわけではありませんでした。

あまりにモナ典型的なチャート

帰宅してモナコインのチャートをひと目見たら、なんだかあまりにも教科書通りのブレイクパターン…座っていきなり買うというのはなんかアホっぽいですが、タイミングが最高だったのだからしょうがない。綺麗すぎたんで思わずトレード中にチャートをキャプチャw

というわけでこれは70000でINしたところ無事ブレイクし、8万で跳ね返され…少し揉んでいたので、諦めて77000でOUT。これに関してはもっとリスクをとっても良かったかなと思うくらいですね。約+$500。

再度のブレイク狙い

これの画像は後から撮ったやつです。続いて80000のブレイク狙い。さきほどの70000ブレイクの後80000を超えられない状態だったのですが、ついに完全に超えたところに注目。

ダマシも多いと思いますが、今のモナコインの勢いなら一発目もありかということで、すぐに飛びつきたくなるのをこらえて、戻ってきたところを81000で買い、90000でOUT!約+$600

しかしこれは…一発目に一気にブレイクしたくらいの勢いだから、様子見て持っときゃよかったですね…。なんとそこから暴騰し、一時は110000へ…凄まじいの一言。

こりゃ死にたいな…なんて思っていたら直後にガラってそれもビビりました。持ってたらどうしてただろうね…110000で売る、なんてことはできなかったはず。

ちなみにこの2つのトレードで+$1100程度ですが、この後の乱高下で同値撤退2回したり負けトレードもあって、結局最終的には+$670で終わりました…(つд⊂)エーン 手数料高い…。

現状のモナコイントレードの注意点

モナコインはまだ海外で知名度が低く、取引所も限られているおかげで、BOTなどよりもどちらかと言うと手動トレードの参加者が多いです。その分、ブレイクチャンスなどはかなり素直に動くので、典型的なチャートパターンが出現したら狙ってみるのはありでしょう。

ただ、まだまだ板が薄いので、1BTCでも全部完全に同じ金額で仕込むのは難しいのがまず問題。それと、日米のチャートの動きは乖離が結構あるのと、BFは「販売所」ということもあり、値動きが早くなってくると全部がぐちゃぐちゃになりがちです。

また、Zaifの鯖が重く値動きが急になくなるなどの問題も秘めています。

このような状態になると値段が飛び始めるので、その状態からポジションを持ち始めるのはやめたほうが良いでしょう。

これからしばらくのモナコイントレード

2日間のあっという間の暴騰で、モナコインは最大で時価総額22位ほどの地位に来ました。個人的にはここから今月中に1000円タッチもあると思いますが、今はすでに600円。もし1000円になってもたった(?)1.7倍です。今から単純に入ってガチホ!という意味は薄くなってきていると思います。

2000円、5000円行くと思う人は多くいて、海外でも$20にmoonするみたいなことを言う人も出てきましたが、流石に勢いも鈍ってきました。

かなり早い段階で入った人はガチホで良いと思いますが、いまポジションがない人は、押し目買い/売りとブレイク狙いに徹して、取れるところだけ取っていく、というのも一つの選択肢かもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする