ICOに参加するためにMyEtherWalletを導入しましたので、作成方法をご紹介します

スポンサーリンク

ICOにはパーソナルウォレット?

さて、このブログで草コイン投資をすると書いたものの…正直草コインは単に買えばいいとして、ICOとやらのやり方が実はさっぱり知らないw

で、試しに海外のICO情報サイト(http://www.icocountdown.com/)に行って、目についたICO銘柄を見て、とりあえずナビに従って進んでみるとどうもイーサリウムのパーソナルウォレットが必要らしい。そういえば「ICOはイーサリウムで行われることが多い」みたいなことを何処かで読んだな~…。

考えてみたら取引所にしかウォレットを持っていなかったので、この際に作ることにしました。そのICOではMyEtherWallet, Mist, imTokenしか受け付けていないということなので、「MyEtherWallet」を使ってみることに。

MyEtherWalletのウォレットの作り方

まず公式ページ(https://www.myetherwallet.com)にアクセス。

パスワードを決定し、ウォレットを作成します。これは秘密鍵を暗号化するためのものです。このパスワードに加え、暗号鍵がなければ、ウォレットは復号されません。パスワード入力欄の横の目のマークをクリックすると入力したパスワードが確認できるので、打ち間違いがないように必ず確認しましょう。

パスワードを入力するとウォレットが作成されます。ジェネレートされたKeystoreファイルをダウンロードし、確実に保存しましょう。これを無くすとウォレットが使えなくなります。必ずバックアップも、できればローカルもしくは信頼できるクラウドに多重に取りましょう。

最後に秘密鍵が発行されます。これも同じく、絶対になくさないようにしましょう。ペーパーウォレットを印刷しておくのもいいですが、その場合は保管に注意してください。

ウォレットをアンロックします。どの方法でウォレットにアクセスするかで「Private Key」を選択し、右に出るボックスに先程の秘密鍵を入力しましょう。すると右に「Unlock」というボタンが出現するのでクリック。

これでウォレットがアンロックされ、各種の機能が使えるようになります。

よっしゃー!みんなICOでバリバリ儲けよーぜ!\\٩( ‘ω’ )و ////

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする