Litecoin(LTC) BTCの欠点を補った老舗仮想通貨

Litecoin公式サイト https://litecoin.com/

Litecoin(ライトコイン、LTC)はオープンソースのP2P仮想通貨です。元グーグル社員であるCharles Leeによって開発されました。

コインの生成やトランザクションはオープンソースのプロコトルに基づいており、管理する中央組織は存在しません。ビットコインに触発され作成され、技術的にもほぼ同様のコインでありながら、ライトコインはビットコインの問題点を解決するいつくかの技術的改善があり、ビットコインよりも多くのトランザクションを早く処理することができます。

取引承認速度はビットコインの4倍と言われ、また、暗号化方式もSHA-256ではなく、Scryptを使用しているなどの利点があり、2013年頃から流通量が激増しました。

ビットコインとの関係を初心者に説明する際には、ビットコインが「金」であれば、ライトコインは「銀」であるとしばしば言われます。

ライトコインの特徴

早い承認時間

ライトコインは、ビットコインの10分に1回の取引承認時間を改善し、2.5分に1回の取引承認を行います。

コイン発行総数

ライトコインは、ビットコインの4倍の取引承認プロセスが行われます。そのため、発行総数もビットコインの2100万の4倍である、8400万としています。

暗号化方式

ライトコインはビットコインよりも計算が複雑となる、Scryptと呼ばれる暗号化方式を採用しています。当時すでにビットコインはASICによりマイニングされていたため、ASICが存在しないScryptの採用は重要でした。(しかし、今ではScryptにもASICが存在しています。)

大量のトランザクション処理

ライトコインはブロック生成が高速であるため、より大量のトランザクションを処理できます。ビットコインで同じことをやるのであれば、ソフトフォークもしくはハードフォークが必要です。

二重支払い攻撃への対応

ブロック処理時間が早いため、二重支払いと言われる方式の、ネットワークへの攻撃への耐性が高まります。

Litecoinの取扱業者

国内 Coincheck

海外 PoloniexBittrexなど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする