Lisk(LSK)サイドチェーンを使用した分散型ブロックチェーン

スポンサーリンク

Lisk(LSK)サイドチェーンを使用した分散型ブロックチェーン

公式サイト https://lisk.io/

公式Twitter https://twitter.com/LiskHQ

Liskは、分散型ブロックチェーンアプリケーションを提供するパブリックブロックチェーンプラットフォームです。2016年初頭にCryptiからフォークされ、誕生しました。

Liskの歴史

LiskはICOによりスタートした、Cryptiのフォークコインです。ICOでは580万ドルをある目、当時としては2番めに成功した仮想通貨クラウドファンドとなりました。2016年5月24日、Liskのメインネットワークが稼働を開始し、主要取引所での取引が可能になりました。取引開始直後、Liskはアルトコインで2番めの人気となりました。

ブロックチェーンアプリケーション

Liskには、すべてのブロックチェーンアプリケーションはメインのブロックチェーンとは別に独自のサイドブロックチェーンがあるという思想があります。イーサリウムではメインのブロックチェーン上にスマートコントラクトを記述しますが、Liskではサイドチェーンを構築してスマートコントラクトを記述します。

これらにより、ビットコインなど多くの仮想通貨が直面していたスケーラビリティの問題に役立ちます。つまり、ネットワークを拡大したり、プラットフォームの自由度が高くなるということです。

DPoSデザイン

LiskはもともとBitSheresによって作成されたDPoS(Delegated Proof of Stake)アルゴリズムを使用しています。普通のPoSとの違いは、投票により決定された上位101の代表者だけがネットワークを積極的にネットワークを保護することです。

鍛造の報酬

ビットコインのマイニングに当たるものが、Liskではフォージング(鍛造)といいます。Cryptiではこの報酬は取引手数料から支払われていましたが、Liskでは新規発行されるコインが付与されます。

Liskの取扱業者

国内 Coincheck

海外 PoloniexBittrexなど

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする