【ICO/終了】LAToken(LAT)不動産だけじゃない!現実資産をトークン化して売却できるグローバル市場

スポンサーリンク

LAToken(LAT)不動産だけじゃない!現実資産をトークン化して売却できるグローバル市場

LAToken 公式サイトはこちら

LAToken 公式Twitterはこちら

LATokenとは

LATokenは仮想通貨と実際の資産の橋渡しとなる不動産市場です。グローバルに資産をトークン化し、ブロックチェーンプラットフォームを使って取引できるようにします。資産所有者はトークンに分割された資産を売却し、投資家は仮想通貨を使用して購入します。トークン化されたAppleとAmazonの株式がすでにLATプラットフォームで取引されており、不動産と美術品については、今後すぐに取引可能となります。

LATokenの機能

資産の売買ができる

オフラインでの取引よりも遥かに低コストで取引し、より多くの対価を手に入れることができます。また、LATokenを使えば非流動資産の部分所有権を売却することができます。

利用方法

あなたは売りたい自分の資産の情報を入力し、シェアします。資産評価が行われた後、あなたにはLATプラットフォームで使用できるトークンが払い出されます。そしてそのトークンをLATマーケットプライスで売り出したり、ファンド化することができます。売却後も決済日までそのまま資産を使用することができます。

安全でスマートなウォレット

LATウォレットを使用すると、トークン、資産、スマートコントラクト、アプリケーションを管理し、ブロックチェーン上で取引をすることができます。ウォレットはLAT取引所にもアクセスできます。

ICO情報(2017年9月6日更新)

ICO 公式サイトはこちら

パブリックトークンセールは、オランダのオークションでLATトークン販売のPhase1を販売し、市場価格を決定することから始めます。

ICO期間 2017年8月22日~2017年10月10日

レート 1ETH=1,000LAT(初期)

プラットフォーム ETH

ICO時点でのPちゃんの雑感

これ、サイトの説明とホワイトペーパー見た感じだとなかなかすごくないですかね。もちろん全部鵜呑みにする訳にはいかないけど、最初調べ始めたときは、「また不動産関連のICOか、機能も全部同じようなもんなんだろうな」なんて思ったのですが、読んでみると、なんとこのプラットフォームでは不動産だけではなく、株式や美術品など、様々な資産をトークン化して取引することができるという。しかももう稼働していて株などは置いてある…

ホントかな?ということで実際にアカウントを作成してマーケットを覗いてみると。

確かに、有名どころの株式なんかがもうすでにトークンで販売されている!

不動産や美術品などは、あくまでまだサンプルが陳列されているだけですね。

今まで不動産関連のICOを調べてきたけど、インターフェースができててもうすでに取引をしているところってあったかな?しかも2FA認証までちゃんと設定できるようです。

迅速さが大事な現代のビジネスではこれはプラス。ICOに参加するかどうかはともかく、公式サイトから登録するとマーケットを見れるので、いっぺん試して見ると面白いと思います。

公式サイトはこちら

↑の公式サイトにいって右上の

「WALLET」ボタンから登録できます。

↑トークンの購入もMyEtherWalletを使用して、公式サイトのWALLETから。

トークンセールはあと6日ほど。私はもう少しギリギリまで様子見したい気もしていますが、のんびりしてるとETHがまた値上がりしそうなのでどうしようかな~…

ほかにも気になっているICOもあるので、絶賛悩み中です!w

※プロジェクト・ICOなどへ参加される際には、ご自身により利用規約・プロジェクト内容の確認を十分に行ってください。当サイトは公式サイト及び海外情報サイトで入手した情報を掲載しているのみであり、情報の正確性などについては保証致しません。投資を行い損失などが生じた場合、当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任となりますのでご了承ください。正確な情報は各通貨・プロジェクト公式サイトでお求めください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする