【ICO/終了】Electroneum(ETN)20億個のスマホでブロックチェーン。「世界共通」を目指す新たな仮想通貨

(※2017年9月14日 ICOの参加方法を追記しました)

スポンサーリンク

Electroneum(ETN)20億個のスマホでブロックチェーン。「世界共通」を目指す新たな仮想通貨

>>Electroneum 公式サイト

>>Electroneum 公式Twitter

※紹介当初、かなりギャンブル銘柄ということでご紹介したETN。私がICOに参加した初週も参加者1万人、ICO総額100万ドルと少額で、「まあこんなものか…」と思っていたのですが、いつの間にか4500BTC&40000ETHを27万5000人から集め、4000万ドルのハードキャップに達する超級ICOになってしまっています…なんじゃこりゃ\(^o^)/

海外でもETN信奉者vsHYPE(誇大広告)主張者でバトってますし、ギャンブル銘柄なのは変わらない気がしますケド、ね…(っ´ω`c)

ELECTRONEUM(ETN)とは

エレクトロニウムは、ブロックチェーン上に構築された独自の仮想通貨です。運営はこの仮想通貨を、「初の世界共通仮想通貨」と謳っています。運営会社はイギリスの会社で、イギリス発の仮想通貨はこれが最初のもののようです。

この通貨はまずモバイルゲーム及びオンラインギャンブル市場を獲得するという目標に基づき、作成されました。利便性、高速トランザクション、シンプルなマイクロペイメントを念頭に設計されています。エレクトロニウムのICOは2017年9月14日(日本時間の朝)に開始します。

エレクトロニウムは、競争相手となる仮想通貨に対して大きな利点があると主張しており、ほぼ確実に今後価値を増していくだろうとも言っています。エレクトロニウムは世間一般に仮想通貨を浸透させるためにデザインされたものであり、技術に詳しくない一般のモバイルユーザーに画期的な使いやすさを提供する、ということです。

もちろんこのように自らの通貨をよく言うことはどの通貨も同じです。では、エレクトロニウムはこれらをどのように実行するつもりなのでしょう。詳しく見ていきます。

エレクトロニウムの特徴

エレクトロニウムは今日の市場にすでに存在する仮想通貨とはどう異なるのでしょうか。なぜBTCやETHではなくエレクトロニウムを使うべきと主張するのでしょうか。エレクトロニウムのホワイトペーパーに挙げられているセールスポイントは以下の様なものです。

コインの最大供給数

エレクトロニウムの最大供給数は210億です。これはビットコインなどの少ない供給量のコインが取引する時に「0.0001264」のような、金銭的に実感のわかない数字になってしまうことを防ぎます。正直に行って多くのビットコイナーは、取引のたびにゼロの数を数えることにうんざりしているのではないでしょうか?より一般的な通貨に近い感覚で取引ができることを計画しています。

ウォレットアプリ

エレクトロニウムのウォレットは、どのスマートフォンでも簡単に使えるようにデザインされています。これらのアプリをバックグラウンドで動かすことにより、モバイルマイニングが可能です。

高速トランザクション

エレクトロニウムは高速なトランザクションが可能で、様々なアプリ、ゲーム、ユーザー間で簡単に転送できます。

エレクトロニウムの運営チーム

エレクトロニウムのホワイトペーパーは、チームを経験豊富なソフトウェア開発チームと表現しています。彼らはSiteWizardという代理店を20年以上経営しているリチャード・エリスをトップとしています。2013年、エリスはRetortalという会社を設立し、様々な企業にソーシャルメディアマーケティングを提供し、Retortalの企業価値は現在50億円以上で、ソフトウェアは毎日何十万人もの人に使われています。

エレクトロニウムの名前の由来

「すべての仮想通貨が依存する技術」という意味があります。エレクトロニウムは2015年8月から独自の仮想通貨の開発を開始し、ビットコインのオープンソースコードをベースに使いました。しばらくは名前がありませんでしたが、最終的にはエレクトロニウムと名付けられました。

エレクトロニウムの今後の展開

エレクトロニウムはモバイルフレンドリーな通貨であることを何度も強調しています。世界中の殆どの人が今やスマートフォンを持っています。エレクトロニウムは一般的なマイニング工場のような組織にによるネットワークへの電力・計算力供給ではなく、世界に20億台あるスマートフォンからネットワークへ寄与することを考えています。さらに、ユーザーはモバイルウォレットアプリから、それらをすべてコントロールすることができます。

エレクトロニウムは、トークン販売終了の翌日、2017年10月31日にiOS/Androidアプリを公開予定です。また、すでに開発・テストされている製品としては以下があります。

  • ウォレットアプリ
  • ウォレットアプリを使用したマイニングシステム
  • 完全に安全なオフラインウォレット
  • Windowsウォレットアプリ
  • Windowsマイニングアプリ
  • ブロックチェーン決済追跡機能
  • サードパーティ向けエレクトロニウムAPI

同社はこれらの製品がエレクトロニウムの価値を増すとしており、さらに大きな野心的な計画のためにもICOを通じて資金調達をします。

エレクトロニウムのホワイトペーパーでは、エレクトロニウムの時価総額に基づき、今後の実装を計画しています。たとえば時価総額が4,000万ドル以上になれば、同社は他の仮想通貨やICOがエレクトロニウムを利用できるホワイトラベリングシステムを導入する予定です。

ICO情報(2017年9月13日更新)

エレクトロニウムのクラウドセールは明日9月14日の朝から始まります。最初の一週間は50%のボーナスが付き、1ドルごとに150コインを受け取ることができます。売却の最後の週までにボーナスが減り、最後は1ドル100コインになります。

ICO公式サイト

ICO期間 2017年9月14日~2017年10月31日

レート $1=100ETN+ボーナス

プラットフォーム BTC,ETH

ICO時点でのPちゃんの感想

ICOといえば、最近は純粋な仮想通貨よりも何らかの新しいサービスがICOで資金を集めるというような物が多く、いままで紹介してきたものも全部それでした。ですが今回のElectroneumはサービストークンではなくいわゆる普通の仮想通貨。草コインがテーマのこのサイトにはある意味ふさわしいICOですよね。

さて、それではETNなんですが、ホワイトペーパーやサイトの文章などを見るとかなり野心的で、世界のスタンダードを目指すとしています。もちろん多くの他の仮想通貨も目指すところは同じでしょうが、最初からそれを目指してマーケティングしているところが大胆というか。

ただ実際のところ、早いトランザクションや使いやすいアプリというのも多くの仮想通貨が実装している/目指しているものですから、あまり特徴的とはいえないかも。個人的に好きなのはスマホのバックグラウンドアプリを使ったマイニング。

「世界には20億個のスマホがある。マイニングファームではなくそのスマホのバックグラウンドで遊んでいる計算力・電力を使用してネットワークを動かす!」と言われると、たしかになるほど~と思ってしまいます。ただ実際マイニングアプリなどを普段使いのスマホに入れる人がどれくらいいるのかや、負荷・バッテリー消費を細かく考慮してアプリが作れるのかなどなかなか難しい問題もありそうです。

基本的に、サービスが付随しない仮想通貨のICOということで、上がるか下がるかの幅は大きく、どちらかと言うと投資よりも投機的側面が大きい、ぶっちゃけていえばギャンブルになるのではないかと思います。うまく上場して値を上げれば大勝利ですが、うまくいかない場合、最悪は無価値となります(サービストークンの場合、サービスがポシャらなければ最悪そのプラットフォームで使用ができる)。

海外でもそれほど話題にはなっていないっぽいのですが、せっかく調べたのでシェアさせていただきました。個人的には結構興味がありますが、大きく突っ込むのはちょっと僕の総資産ではしたくないかな。もし買うのであれば0.5~1ETHを宝くじ気分で少し買っておきつつ、ICO後も値動きチェックの一つにしてもいいかなと言うところです。

ちなみにICOのボーナスが初週50%と大きいので、もし参加するのなら初週にいったほうが良さそうですね。

ICOお得情報

ボーナスコード:385B8E

↑のボーナスコードを最初の登録の際に入力いただくと、通常のボーナスにくわえ、1%のボーナスが追加されます。また、↓以下のリンクから飛んでいただけば、登録の際に勝手にボーナスコードが入力されるようなので、そのまま登録していただければOKです。

>>Electroneum 公式サイト

ICOの参加方法(※2017年9月14日追記)

①公式サイトに登録する。

>>Electroneum 公式サイト

②ダッシュボードを下にスクロールすると購入メニューがあるので

通貨(ETH)を選択し、購入する量を入力。

下部の「BUY ELECTRONEUM WITH ETHEREUM」をクリック。

③ユーザーごとに個別のICO用イーサリウムアドレスが生成されます。ここに送金します。

④MyEtherWalletでの送金操作。

手順③で生成されたアドレスに購入する量のETHを送付しましょう。ガスリミットは公式で90000を推奨しています。

⑤送金確定処理

イーサリウムのブロックチェーンを確認し、待機中の処理が完了し送金が成功した事を確認したら、ETNのページに戻り、「TRANSFER CONFIRMED」のボタンをクリックします。これで購入は完了です。

※プロジェクト・ICOなどへ参加される際には、ご自身により利用規約・プロジェクト内容の確認を十分に行ってください。当サイトは公式サイト及び海外情報サイトで入手した情報を掲載しているのみであり、情報の正確性などについては保証致しません。投資を行い損失などが生じた場合、当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任となりますのでご了承ください。正確な情報は各通貨・プロジェクト公式サイトでお求めください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする