【ICO/終了】COBINHOOD(COB)世界初の「取引手数料無料」分散型仮想通貨取引所

スポンサーリンク

COBINHOOD(COB)世界初の「取引手数料無料」分散型仮想通貨取引所

COBINHOOD 公式サイト

COBINHOOD 公式Twitter

※注意(2018年1月現在)

おそらく報道の通り日本でライセンスを取って活動することを見越しているためか、現在COBINHOODでは日本からの登録を受け付けていません。ネットからの登録だけでも入金は可能ですが、出金するためにはLV1アカウントへのアップグレードが必要で、その場合日本からの登録がはじかれて実質的に(おそらく日本でのサービス開始まで)出金できなくなるので注意して下さい。(管理人1ETH捕まってしまいました。問い合わせ中です。トホホ…)

COBINHOOD(COB)とは

COBINHOODとは、世界初の「取引手数料無料」の仮想通貨取引所です。COBINHOODは世界中のトレーダーの利益を最大化するというビジョンを持っています。トレーダーは最大10倍までのレバレッジで、短期トレードやマージントレードを手数料無料で楽しむことができます。

COBINHOODの特徴

仮想通貨預入を完全に保護

COBINHOODは、大部分の仮想通貨資産をオフラインのCoinbaseのmultisig vaultに格納します。これを解除するには8つの地域分散ハードウェアモジュールのうち5つを開く必要があります。また、オンラインに格納してある仮想通貨は保険によって保障されます。

高性能な注文マッチングエンジン

COBINHOODの独自の注文マッチングエンジンは、ミリ秒未満の遅延で数百万の注文を処理することができます。システム全体は、完全に分散され、高可用性を持ち、自動スケーラビリティを持つように設計されており、世界中のトレーダーにとって真のリアルタイム取引体験を実現します。

ICO引受サービス

COBINHOODは、信頼できるICOエコシステムを構築するというビジョンをもって、ICOデューディリジェンス、スマートコントラクトコードレビュー、ICOの法令遵守のレビューを提供します。例えて言うなら、仮想通貨界におけるゴールドマンサックスのような立ち位置を目指しています。

広範囲のFIAT通貨をサポート

COBINHOODは、主要通貨を全てサポートします

USD/EUR/JPY/KRW/CNY/HKD/CAD/GBP/AUD/NTD

ユニバーサルサービス

CONINHOODのウェブサイトとアプリは世界の人口の98%をカバーする10の主要言語をサポートします。

英語/スペイン語/中国語/日本語/韓国語/ロシア語/フランス語/ポルトガル語/アラビア語

ロードマップ

2017年8月 開発スタート

2017年9月 ICOスタート

2017年11月 取引所運用開始

2017年12月 マージントレード・ファンディング機能スタート

2017年12月 FIATトレード機能スタート

2018年Q1 ICOサポートサービス開始

2018年Q2 分散型取引所スタート

2018年Q3 株、外為、金属、資源、インデックス、先物などの取引スタート

ICO情報(2017年9月21日更新)

ICO公式ページ(公式サイトと同じ)

ICO期間 2017年9月13日~10月22日

1ETH=4,000COB+ボーナス

プラットフォーム ETH

ボーナス体系

ICO資金の用途

ICO時点でのPちゃんの感想

一見、これが実現するならかなり良さそうに見えます。分散型取引所のICOは他にも結構ありますが、ここはいちおうデモまでできていて、公式サイトで確認できる。

ただ、この取引手数料無料のビジネスモデルが本当に成立するかはどうなんでしょうねー。最初、どうやって運営するんだよと思ってFAQページなどを見ていると、

Q. COBINHOODはどうやって稼ぐのですか?

A. 我々の目的はトレーダーの利益を最大化することです。

おーい…噛み合ってないのかはぐらかしてるのか…これscamか?なんて思ったのですが、一応ホワイトペーパーに記述があり、

ICO引受サービス

有料会員サービス

高速トレードサービス

決済サービス導入

などを有料化して運営していくとのことなのですが、これはこのCOBINHOODがどれだけ普及するかにかかっていますね…

あと気になるのはロードマップ。8月開発スタートで11月ローンチって、お金を扱うサービスなのにそんな早くできるものなのかな~とは心配なところ。

ICOでもらえるCOBトークンは、有料サービスの支払いに使えたり、今後COBINHOODのICOサービスで開催されるICOに割引で参加できる、等があるようで、このへんはCOMSAトークンみたいなものか。

そういう意味ではやはりこれも、このCOBINHOODが人気プラットフォームになって、有望なICOが開催されないとあまり旨味はない。

ICOのレビューサイトなどでは評価が高いところが多く、たしかにヒットすれば伸びしろはありそうと思います。中国に規制が入っても、分散型取引所ならVPNをうまく使って中国人が使いそうですし…。

ただ、トークンがどこまで美味しいかはなんともわからないですね。個人的には、11月のローンチを待って、取引所の使用は試してみたいですが、このICO自体は…今のところ見送ろうかなと思います。悪くはない案件と思うのですが、手堅い雰囲気があるせいで、いかんせんギャンブラー魂が燃えない(^^;

>>COBINHOODのICOはこちら

※プロジェクト・ICOなどへ参加される際には、ご自身により利用規約・プロジェクト内容の確認を十分に行ってください。当サイトは公式サイト及び海外情報サイトで入手した情報を掲載しているのみであり、情報の正確性などについては保証致しません。投資を行い損失などが生じた場合、当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任となりますのでご了承ください。正確な情報は各通貨・プロジェクト公式サイトでお求めください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする