【ICO】Change Coin(CAG) ChangeBank 分散化仮想通貨銀行

スポンサーリンク

Change Coin(CAG) ChangeBank 分散化仮想通貨銀行

公式サイト https://change-bank.com/

公式ブログ https://medium.com/@changebank

公式Twitter https://twitter.com/changefinance

Change、Change Bankとはなにか

チェンジバンクとは、2016年にシンガポールで設立されたチェンジ社が運営する仮想通貨を用いて運用される銀行です。チェンジ社の目標は、「世界中の人々に革命的なサービスを提供する」ことです。金融セクターの国境をなくし、すべての人がこの仮想通貨銀行サービスにアクセスできるようにしたいと考えています。

この仮想通貨銀行のエコシステムに、ChangeCoin(CAG)が含まれています。CAGはICOで、1ETH=500CAGで販売される予定です。

ホワイトペーパーによると、以下の機能を実装する予定です。

グローバルサービス

Changeのモバイルアプリは、世界中どこからでもアクセスできるプラットフォームです。
このアプリはトークン化された情報の共有を通じて、他のサードパーティーサービスでの
ユーザーの取引を自動的に検証します。

ユニバーサルウォレット

Change crypto walletは、ユーザーが最も直感的で簡単な操作で、自分の仮想通貨残高をコントロールできます。Changeのアプリケーションは、すべての主要な仮想通貨の補完をします。これにより、資金移動を簡略化しながら、ポートフォリオの管理も用意になります。将来的には、アプリに幅広いウォレット機能を追加する予定です。

カード決済

今日ではまだ、仮想通貨で商品を買うのに苦労することが多いでしょう。そのためChangeは、ユーザーがオンライン/オフラインで仮想通貨を決済に使えるようになる「Change Card」を発行します。

手数料体系

Changeは完全にデジタル上の銀行ですので、従来の銀行よりもコストが非常に少ないことを意味します。手数料に対しても透明なアプロー師をすることを約束し、ユーザー側はアカウント維持、資金移転、支払いについては手数料がかからない予定です。

キャッシュバック

Change Cardおよびその他のサードパーティーサービスを使用することにより報酬が受けられます。報酬はChange Coinで支払われます。

強力なセキュリティ

Changeはブロックチェーン技術を用い、セキュリティを高めています。また、アプリからいつでもChange Cardをロックすることができます。

狙う市場

Changeは単なる銀行業だけでなく、株式投資、レンディング、不動産投など、様々な市場を開拓したいと考えています。

どのように従来の銀行を「チェンジ」するか?

グローバルに仮想通貨を使える

世界のどこでも好きなデジタル効果で支払うことができ、現実世界で仮想通貨を使いやすくしたい

グローバルな投資を可能にする

すべての資産を仮想通貨だけで持つことはあまり良くないかもしれません。Changeのプラットフォームを通して世界中の不動産に手軽に投資したり、P2Pレンディングに参加することで、投資の分散ができます。

旅行保険

Changeプラットフォームを通して旅行保険に加入することができるようになります。

Change Bankの運営はどのような人物がいるか

Kristjan Kangro(CEO)、ArturLuhaäär(Smartlyのパートナー、CEO)、Gustav Liblik(パートナー、First MetaのCEO)、Edgars Simanovskis(CTO、ブロックチェーン開発者)

Change Coin(CAG)とは

チェンジコインは、チェンジのエコシステムにおける主要通貨として設計された暗号通貨です。Change全体のエコシステムとしてはもちろん、BTC、ETH、LTC、その他の主要仮想通貨をサポートします。

チェンジコインはチェンジのエコシステムにおいてはキャッシュバックシステムに利用されます。例えばユーザーがチェンジカードを使った場合、0.05%をリワードとして受取り、その支払がチェンジコインを使用したものであれば0.1%に受け取ることができます。

また、チェンジコインのホルダーは、チェンジの市場からの利益も受け取ります。チェンジのプラットフォームで商品やサービスを提供するサードパーティーのプロバイダは、
益の20%をチェンジのユーザーとシェアすることになります。

ICO情報(2017年8月26日更新)

ICO公式サイト https://change-bank.com/ico/

ICOスケジュール・レート・ボーナス

ICOは2017年9月16日から行われる予定です。

ICO全体で250,000ETHのハードキャップがあり、トークンの総供給量の40%がICOを通じて販売されます。

レートは1ETH=500CAGです。

ボーナスは最初の24時間、第1週、第2周の段階制です。シンガポールおよび米国に居住している人を除き、誰でも参加できます。

ICO時点でのPちゃんの雑感

完全に仮想通貨をメインにした銀行システム。銀行と言ってもこの感じだと拠点は本社くらいで、実態は「仮想通貨銀行アプリ」といってもいいのかもしれません。

この手の仮想通貨の銀行サービスはかなり多いので、競合が多い中でどれだけ生き残れるか?と考えると、圧倒的とまでは言えないかなと。ホワイトペーパーもどちらかと言えばプレゼン資料のような、コンセプト的な提案が大目という感じで少し内容や具体的ロードマップは薄いように見えます。

また、こういう銀行系のトークンはリップルもそうですが、価格が思いっきり上がる!ということもどこまであるのか…と考えると、ギャンブルICO的にはちょっと物足りない気もしますね。

銀行系のICOも他に色々あるので、ICOまで期間もありますから他のところも詳しく調べてみて、良さそうなところに参加してみたいと思っています。

※プロジェクト・ICOなどへ参加される際には、ご自身により利用規約・プロジェクト内容の確認を十分に行ってください。当サイトは公式サイト及び海外情報サイトで入手した情報を掲載しているのみであり、情報の正確性などについては保証致しません。投資を行い損失などが生じた場合、当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任となりますのでご了承ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする