【仮想通貨名鑑】1週間で+100%!Burstcoin(BURST)とはどんな仮想通貨か

スポンサーリンク

Burstcoin(BURST)

Burstcoin公式サイト http://www.burst-coin.org/

Burstcoin公式Twitter https://twitter.com/burstcoin_dev

ここ数日の中国規制がらみで相変わらず全面安の中、Biggest%GainとなっていたBurstcoinについて調べてみました。

↑日足(2017年9月11日)

↑1時間足(2017年9月11日)

Burstcoinとは

Burstcoinは、ブロックチェーン技術に基づく仮想通貨・および決済システムです。

Burstcoinの歴史

Burstcoinは、2014年8月10日、Burstcoinというハンドルネームで知られていた開発者により公開されました。彼が何者なのかはサトシ・ナカモトのように、今日まで明らかになっていません。このコインはICOやプレミアなしに販売され始め、リリースから1年後、主要開発者である「Burstcoin」はなんの説明もなく姿を消しました。

プロジェクトはオープンソースであるために、その後はコミュニティの他のメンバーにより開発は引き継がれました。

Burstcoinの技術

Burstcoinは、「proof of capacity」アルゴリズムを実装した初の仮想通貨です。PoCは「Burstcoin」により開発された手法です。またBurstcoinは、「チューリング完全」という計算理論に基づくスマートコントラクトを実装した初の仮想通貨でもあり、実はこれはEthereumやCounterpartyよりも先んじています。

このスマートコントラクトの実装は、世界初の分散型宝くじの形で実用され、これは分散型ブロックチェーン上で動く世界初のプログラムといえます。

た、近年の導入技術としては「アトミッククロスチェイントランザクション(ACCT)」があり、これにより、サードパーティ、つまり媒介する取引所を必要とせずに、2つの仮想通貨間での分散取引が可能となりました。

Burstcoinの特徴

セキュリティ

Burstcoinはブロックチェーン技術に基づいて構築されており、トランザクションは軍用レベルのセキュリティで保護されています。

速度

Burstcoinは、とても低い手数料で、世界のどこへでも4分以内に送金することができます。

分散化

Burstcoinはどの組織にも支配されないネットワークユーザーで成り立っています。

エネルギー効率が良いエコマイニング

Bitcoinなどの多くの仮想通貨で行われているPoWによるマイニングでは、ネットワーク全体が多くのエネルギーを消費し、その使用電力が環境に及ぼす影響などが問題になっています。

しかしBurstcoinは、CPUやGPUの処理によるシステムではなく、PoC(容量証明)を使うことにより、飽きディスクを使用したマイニングが行われるので、格段に電力を使用しません。そのエネルギー効率はBTCの1/400近いものです。

PoCのマイニングでは、通常のマイニングがGPUやASICを必要とするのに対し、ディスクの空き容量があればできるので、マイニングに対する参入障壁がとても低いものです。ドライブをネットワークに接続するだけでマイニングでき、マイニングに割り当てる容量が多いほど報酬が高くなります。

オールインワンの利便性の高いウォレット

オールインワンのウォレットクライアントは、あなたのコインを管理し、マイニングするための究極のツールです。

Pちゃんの感想

このBurstcoinですが、ぱっと見、調べた感じは結構面白そうですね。PoCというのもはじめて聞きましたが、簡単にマイニングできるなら私もやってみようかな、なんて。むかーし、この仮想通貨バブルよりもだいぶ前、Goxで話題になった頃に、ちょっとだけマイニングはやってみたことがあったのですが、PCに負荷がかかりすぎてえらいことになったので(´・ω・`)

ただ、このBurstcoin、日足で見ると値段の上下動がかなりひどいので、何があったのかとさらに調べてみたのですが…

どうも元祖の開発者が抜けた後にしばらくは開発が進んでいたところ、内紛が起きてフォークするしないの騒動になったり、ネオナチに所属するハッカーがメンバーになっていて追放騒ぎになり、なにかウォレットに仕掛けられてるんじゃないかというような騒動になったりと、どちらかと言うと政治的ないざこざ話で下落して低迷していたようですね。

それでも全体的にはじわじわと価格を上げているので、長期的にはまずBTC比で最高値の半分くらいまでは行けるような気もします。ただ今回急騰していますが、これにイナゴるのは怖いかな。

この1ヶ月で3度ほど急騰したのがチャートから見れるのですが、それはすべてほぼ元値まで戻っています。私が狙うとしたらこの急騰がある程度おさまり、下がったところという感じでしょうか。もちろんこのままぶち抜いていく可能性もありますが、そこは仕方ない。私の資金ではちとリスクは取れないか、取ったとしてもバンクロールの2~3%くらいかな?

とりあえず値動きに注目しつつ、様子見しておきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする