【書評】『ブロックチェーン入門』ビットコインを含めたブロックチェーンのやさしい入門書

スポンサーリンク

森川夢佑斗『ブロックチェーン入門』

今回はアルアタップス株式会社という暗号通貨用ウォレットアプリのサービスを提供する会社のCEO森川夢佑斗氏の『ブロックチェーン入門』を紹介したいと思います。ビットコインの基礎となる、「ブロックチェーン」技術についての入門解説書となります。

初心者にもわかりやすく技術を解説

技術解説書ではありますが、本書はかなりの初心者向けにブロックチェーン技術を解説しており、イラストなどを交えてかなりやさしく解説しています。ただ、完全にPC初心者という人にはやはりいくつかわからない用語も出てくると思います。ただ、PCを日常的に、能動的に関心を持って使っている人であれば問題なくついていけるでしょう。

ビットコインよりもブロックチェーン全般を解説

本書はビットコインの解説ももちろんありますが、それがメインではなく、ブロックチェーンという仕組みそのものの解説、そしてそれがどう応用できるかという話をメインに据えています。これにより、ブロックチェーン技術が単に仮想通貨の取引の整合性を担保するものと言うだけでなく、現在の社会経済システムのいろいろな部分に応用できるものであるということが理解できます。

ただ、ビットコインについては他の入門書だとあまり触れられていない「ハードフォーク」についてや、「アルトコイン」などについて触れられているので、そういう意味では普通のビットコイン入門書を補完するものと言っても良さそうです。

具体例が多くて面白い

そしてそのブロックチェーン技術のあてはめを、単に概念的なものではなく、実際にあるUberなどのサービスに当てはめたり、海外送金の例を出したりして、どのようにブロックチェーン技術が使える可能性があるかを提案していきます。

また、そのような現実的なところから一歩先へ踏み出し、「もしかしたら未来はこんなことが実現するかもしれない」というような、ブロックチェーンで会社の運営システムを作る、ブロックチェーンで国の行政システムをつくるなど、少なくとも現段階では夢物語のように思える例も取り上げていて面白く読めます。

投資などの話は基本的になし

技術的な解説書なので、仮想通貨への投資の話などは殆どありません。ただ、結局のところどのような分野でブロックチェーン技術を活かせるかという話は、今後どのような分野がブロックチェーン技術を使って成長するかを予想するのに使えるので、株式投資などに役に立つかもしれません。

まとめ

この本は、かなりやさしくブロックチェーン技術を解説してくれているので、仮想通貨を知るための更に前提知識として必要な分野を手早く学ぶことができます。

ビットコイン関連本などを読んでいても、いまいち「ブロックチェーン」についてピンとこない方にはおすすめしたい本となっています。仮想通貨について基礎から学びたい人には必読ですね。以前に紹介した『ビットコイン入門』↓とあわせて読めば、なお良いと思います。

『1時間でわかるビットコイン入門』初心者におすすめの仮想通貨入門書

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする