BlackmoonCrypto(BMC)投資ファンドのトークン化プラットフォーム

スポンサーリンク

BlackmoonCrypto(BMC)投資ファンドのトークン化プラットフォーム

Blackmoon Crypto ICO登録サイト(日本語版)https://blackmooncrypto.com/jp/ 

Blackmoon Crypto Twitter https://twitter.com/BlackmoonFG

Blackmoon Cryptoとは

Blackmoonの狙いは、現実世界においても仮想通貨世界においても、世界で最大のファンドトークン化プラットフォームを作り、維持することです。

Blackmoonはユーザーが管理ツール投資ファンドを作成・管理できるツールを提供します。このプラットフォームはトークン化サンド作成の新たなスタンダードとなり、仮想通貨世界と現実世界の橋渡しとなるでしょう。

Blackmoonプラットフォーム上で流通するすべての資金は、トークンを使用する形式で行われます。この場合の手数料は、コントリビューターとして登録されているBMCトークン所有者に分配されます。利用可能なすべてのMBCトークンは流通過程で生成されて総トークン数は増えていくため、コントリビューターの受け取る手数料はそれに応じて増加します。

Blackmoon Cryptoの特徴

Blackmoon Cryptoは、トークン化された資金のためのより良いフレームワークを作り、維持することによって、競合他社と差別化することを目指しています。投資家はBlackmoon Cryptoトークン(BMC)を購入して、現実世界と仮想通貨経済の両方に参加することができます。これはブロックチェーンの柔軟性とフィアットの融合とも言えます。

個々の株式や証券をトークン化する代わりに、Blackmoon Crypto Platformは一般的に資金をトークン化することを目指しています。ファンドマネージャーは、株式と証券のバスケットをトークン化し、そのファンドのトークンを公開市場で売却することができます。

投資家は最高のリターンを提供する資金のためにトークンを購入することができます。市場は透明であるように設計されています。伝統的な投資ファンドのようにパンフレットで概要をナビゲートするのではなく、関連するすべてのファンド情報を簡単に閲覧することができます。

Blackmoonの匿名化機能

Blackmoon Cryptoの公式ウェブサイトは、プラットフォームのために計画されている以下のすべての主要機能について概説しています。

匿名性

Blackmoon Cryptoは、匿名性と透明性の両方の利点をすべて保持しながら、ユーザーが収入源を多様化できるようにします。たとえば、権力分散化、透明性、取引可能性、コスト効率などのブロックチェーンの利点を享受しながら、現実経済の利点も享受することができます。

持続可能性

Blackmoon Cryptoは法的に準拠した方法で投資資金を構築する予定です。この構造は、社の法律顧問によって審査され承認されます。規制リスクを回避することで、Blackmoon Crypto Platformは投資家の信頼を高め、投資プロセスの持続可能性を提供します。

標準化

トークン化された投資ファンドは、分散型市場のメリットを享受しながら、投資ファンドを売買するための標準化されたシステムを提供します。トークン化された投資は、個人投資家の参入をしやすくするでしょう。Blackmoon Cryptoの公式ウェブサイトでは、「まさに今が、トークン化された投資ファンドを設定するための業界スタンダードを導入する適切な時期です」と述べています。

透明性

投資ファンドは、細かい文字で印刷された判別不能な契約書に従うような、不透明な投資案件として設定されることはありません。代わりに、投資管理者と投資家のアカウンタビリティを大幅に向上させる透明なシステムで設計され、双方の信頼を高めます。

スケーラビリティ

Blackmoon Crypto Platformはスケーラビリティがあります。これは、投資管理者が、必要なITおよび法的インフラストラクチャを作成する際の苦労や手間をかけずに、トークン化投資ファンドを設定して実行できることを意味します。

流動性

現実世界の投資マネージャーは、準拠したトークン化投資ファンドを簡単に作成し、そのトークン化された資金を既存の顧客にブロックチェーンのすべての利点を提供することができます。

Blackmoonの運営

2014年に設立された金融Technology会社、Blackmoon Financial Groupの一員がBlackmoon Cryptoです。投資関係の専門家を抱え、資産管理ツールの開発などに豊富な経験を持ちます。

ICO情報(2017年9月7日更新)

Blackmoon Crypto Tokens(BMC)の総供給量の50%はICOで販売されます。1つのBMCトークンの価格は、プレオーダー期間の開始時には1BMC=$1で、ICO期間はトークンの価格は1BMC=$1.10になります。

資金の30%は会社の準備金に保管されます。20%はチームと顧問のために保管されます。

ICO期間 2017年9月12日~10月12日

レート 1BMC=$1.1

プラットフォーム イーサリウム

ICO時点でのPちゃんの雑感

スターウォーズコインではないですが、こういう中2病っぽいネーミングでかっこいいロゴのICOは、第一印象的には「怪しいな…」と疑ってかかってしまうPちゃんです。しかしよくよく調べてみると、運営主体も米国の会社で、LinkedInなんかにページもありますし、かなりちゃんとしたところでした。

内容としては、ファンドの作成・ファンドへの参加の障壁を下げ、透明性を高め、現実世界の投資ファンドとブロックチェーンのいいとこ取りをするという感じでしょうか。

このようなブロックチェーンファンドも結構多いとは思いますが、扱うものが金融関係だけに、やはり運営主体が信頼できる場所でなくてはいけません。そういう意味では、バックボーンに金融関係の会社を持つこのBlackmoonCryptoは選択肢の一つに入るかもしれません。

ただやはりまだプラットフォームの実態がないのが痛いですね。α版レベルでいいので、ある程度触ってどんな感じのプラットフォームなのかというサンプルすら無いと、ビジネスコンセプトだけにお金を出すという風になってしまうので、ちょっと怖いです。

現在は公式サイトでの先行登録をやっている段階で、ICO開始にはまだ5日ほどあるので、それまでに同種のICOを調べてみて比較したいと思います。

※プロジェクト・ICOなどへ参加される際には、ご自身により利用規約・プロジェクト内容の確認を十分に行ってください。当サイトは公式サイト及び海外情報サイトで入手した情報を掲載しているのみであり、情報の正確性などについては保証致しません。投資を行い損失などが生じた場合、当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任となりますのでご了承ください。正確な情報は各通貨・プロジェクト公式サイトでお求めください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする