BANKERA(BNK)ブロックチェーン時代の新世代銀行サービス

スポンサーリンク

ブロックチェーン時代の新世代銀行サービス

公式サイト(日本語) http://bankera.com/

公式Twitter https://twitter.com/Bankeracom

BANKERA(バンクエラ)の特徴

細かいことについてはBANKERAの場合、公式サイトに日本語があるのでそちらを見ていただけるといいと思いますが、ざっくり言ってしまえば、現状の銀行業務を仮想通貨分野まで拡張させ、国際的なサービスを行う、という感じです。

仮想通貨銀行のサービスは「要はそれは発展的なウォレットアプリでしょ?」と言う感じのものが多い中、BANKERAでは単なる仮想通貨決済だけでなく、フィアットでの決済にも対応していますし、ローンや各種ETF、ファンドなどの分野にも大きく乗り出します。

単に仮想銀行、ではなく、実際の銀行にかなり寄った業務を行うために、ICO額もかなりなのだと思います。

動きの速さ

仮想通貨銀行系のスタートアップは、やはりお金を扱うものですから動きが慎重で遅くなりがち。ところがこのBANKERAは、公式サイトのロードマップを見ればわかると思いますが、8月から9月にプレICOをしたら9月から10月には電子マネーアプリをリリース。そして10月にICOを行い、2019年にはバンキング機能、投資ソリューション等、あっというまにプロジェクトが進んでいきます。

仮想通貨業界は世界中から資本が集まり、激しい競争を繰り広げています。そしてその中でこの速さは、まさにパイオニアになれる可能性が高く、市場を支配できれば素晴らしい利益が生み出させるでしょう。

トークンの用途

トークン所有者には利息及びスマートコントラクトの利益が分配されます。

ICO情報(2017年8月30日更新)

ICO公式ページ(公式サイトと同じ)

プレICO期間 2017年8月28日~ 全体の10%のトークンを放出

販売数に応じたボーナスあり

ICO期間 2017年10月中旬~ 全体の30%のトークンを放出

ボーナスなどはまだ未定

※ICOにはSpectroCoinの口座が必要ですので、作成しましょう。

SpectroCoin

ICO時点でのPちゃんの雑感

色々と各所で推されていて人気のBankera。私も様子見をしていたのですが、プレICO2日目で目標金額の8割近くを集めており、やはりその勢いは本物のようです。

兵は神速を尊ぶといいますが、私が好きなのはBankeraの動きの速さ。スタートアップにはとにかく勢いと速さが必要ですから、この勢いは大事でしょう。

私もこのICOには参加しようかなと思っています。プレICOか、様子見してICOか…難しいところですよね。ただ一つ心配なのがETHの値上がり。この文章を書いている今、ETHはBTCとともにかなり値上がりをしており、ETHは1週間で20%以上もの上昇をしています。

こうなると、1ETH程度ならともかく、たくさん入れたい人にとっては早いほうがいいのではないでしょうか。それか、今のうちにETHを確保しておくか。10月中旬のICOまでまっていたら、1ETHが$500になっていた…なんてこともありえそうで怖いです。

とにかく、Bankeraは公式サイトを日本語表示ができるので、じっくり検討できると思います。まずは確認してみましょう。

Bankera公式サイト

※プロジェクト・ICOなどへ参加される際には、ご自身により利用規約・プロジェクト内容の確認を十分に行ってください。当サイトは公式サイト及び海外情報サイトで入手した情報を掲載しているのみであり、情報の正確性などについては保証致しません。投資を行い損失などが生じた場合、当サイトは一切の責任を負いません。全て自己責任となりますのでご了承ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする